ブラッククローバー

ブラッククローバー308話見所&感想!309話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

三大悪魔の一角、ベルゼブブとの取引により悪

魔の心臓を得て自らが悪魔と化したゼノンの圧

倒的な力の前に倒れるユノ。

ランギルスさんも狩られて積みそう・・・・と

いうギリのタイミングでフィンラルが参戦!

二人の空間魔法使いが互いに手を取り合い、ゼ

ノンに立ち向かおうといった所で幕となった前

回。

続く今回は、空間きょうだいVS.ゼノン!

そして・・・・目覚めるもう一つの力!?

最新話第308話の見所おさらい&感想ほか次回

309話の注目ポイントチェック(予想)をして

いきます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

308話見所おさらい&感想!

まずは、今回『ジ308:…』の見所おさら

いから。

  • すべてが通じない相手…?
  • 目覚める本来の力!?

すかね。

では、ここからは見所を掘りつつ感想を書いて

いきます。

すべてが通じない相手…?

ランギルスさんの身体を気遣い、長期戦を避け

て速攻で決めにかかるフィンラルとランギルス

さん────

 

迫る骨魔法を躱してゼノンとの距離を詰めて行

く二人。

 

狙いは攻撃可能領域への侵入!!

 

対して、二人の狙いを読んで迎え撃たんと構え

るゼノン。

二人が接近したと同時に骨魔法で串刺しにかか

る・・・・が、目前で消える二人の姿。

魔言術式で移動速度アップし、再びゼノンの背

後を取る二人。

 

抉る構えに入るランギルスさん。

 

そう。

空間ごと抉るランギルスさんの魔法の前では防

御力なぞ関係ない!!

そして、ランギルスさんの渾身の一振りがゼノ

ンをとらえる────!?

 

一方、ゼノンに吹き飛ばされた先の魔導書部屋

(仮)にて目覚めるユノ。

戦いの行方、ランギルスさんの身を案じるユノ

が目にしたのは・・・・

ゼノンの前に倒れるランギルスさんと串刺され

れのフィンラルの姿。

 

すべてを消し去る空間魔法を以ってしても悪魔

の心臓を破壊するコトは不可!

絶体絶命。

辛うじて二人とも息はあるが、すべてをブツケ

ても通用しなかった相手を前に起き上がった所

で何が出来る・・・・

いつになく弱気になって自問を始めるユノ。

 

オレの勝ちだ。

 

勝利宣言するゼノン────

 

〜感想〜

フィンラルとんでもない隠し球を持っていると

思っていたのだが、期待し過ぎていた(・∀・)

まあフィンラルは攻撃魔法の会得は無理みたい

な話だったすもんね。

ホントにいい線行ったけど、なんとも呆気ない

というよりもゼノンが強い。

 

やはり通常の魔法でトドメ刺せないというのが

ネックというか、対最上級悪魔戦における二人

の限界を感じますね。

噛ませとまでは言いませんが、やはりユノ待ち

になってしまうのかと。

しかし、久々にランギルスさんのザ・ハンドを

見た気がする。ランギルスさんといえばやはり

これですわ\(^o^)/

不発に終わりましたが・・・・

 

ツヅク────

目覚める本来の力!?

オレの選択は間違っていたのか────?

 

続くユノの自問。

思い返すは、金色団の半壊から現在に至るまで

の経緯。

 

これで終わりなのか?

 

悔しくて涙するユノ。

天才と持てはやされて、選ばれ、認められ、時

には嫉妬されて、憎まれ、託されて・・・・

こんなものだったのか。と。

 

いいや!

 

失って誓った。

仲間たちの墓標の前で。

そして、アスタと誓い合ったオレは

 


(「ブラッククローバー」308話より)

こんなもんじゃあねえだろ!!!

 

自ら答えを出して吠えつつ身体を起こすユノに

そうだね。

と、ユノの前に現れて答える光の靄(モヤ)。

僕はキミだ。

でも、キミ自身の力もあるハズだ・・・・と続

ける謎の靄。

 

次の瞬間、光を放ちながらユノの下へ飛んでく

るスペードが刻印された魔導書!?

 

暗雲立ち込めるスペード城の上空へと立ち昇る

一筋の光!

その様子を目にして何やら察するレジスタンス

とパトリ。

ユノの風魔法はリヒトとテティアの・・・・

 

新たな魔導書を手にしたユノ。

団長ひいては皆を救い、さらに国を救って魔法

帝になる。

 

だからゼノン、オマエに勝つ!!

 

二冊の魔導書を開いてゼノンに宣戦布告するユ

ノ────

 

ページ308:ユノ・グリンベリオール』。

 

〜感想〜

タイトルコールがケツに来るの初めて?な気が

する。

それにしても普段クール&ドライなキャラが唐

熱くなる展開は凄く良い!

こっちまで熱くなる( ´ー`)

あ、ユノにはそういう他人を鼓舞するような魅

力があるとランギルスさんも話してましたね。

まんまと釣られている。笑

 

して、

ここに来て二冊目の魔導書を手にしたユノ!

上記では綴っていませんが、ラストシーンのユ

ノにはエルフエフェクトが掛かっています。

 

そして、焦らされるユノとエルフの関係。

 

今回の流れだけ見ると

ユノは、グリンベリオール家の子にしてリヒト

&テティアの(亡くなった)子供の生まれ変わ

り的な?存在・・・・もしくは、生まれた頃か

ら既にエルフの魂を宿していたってコトになる

のかしら。

つまり、これまで使用していたのはリヒト&テ

ティア二人の、四つ葉の魔導書×風属性を継承

したエルフの力だったと。

 

以前、転生時にユノが自我を保てたのは二人が

言わば一心同体で裏表もなかった為とも捉える

コトが出来ますね。

転生ではただユノの中のエルフの部分が少し前

に出て来ただけみたいな。

 

ちょっとややこしいすね(゚A゚;)ゴクリ

 

あとは、ユノ本来の魔法属性が何かという所で

すが、今回見る限りヒントっぽいのはない気が

する。

強いていうなら一筋の「光」ですかね。

 

最後に凄い微妙なツッコミを入れると今回の解

説パトリ、ダークエルフ化している(両目ブラ

ック)笑

 

オワリ────

スポンサードリンク

次回注目ポイントチェック!(予想)

次回注目ポイントをほじる前に、私の前回予想

の答え合わせをm(__)m

※ページ307の注目ポイント・展開予想!

注目ポイント:「空間魔法×空間魔法!!」。

ベルゼノン(仮)の背後から迫る空間きょうだい───

パターン化を避けるべく、時折ベルゼノンを”堕天使のはばたき”で飛ばし、また隙を付いて”大天使の撃墜”&”大天使の撃滅”で攻撃。

しかし、決め手にかける中・・・・フィンラルが三極性対策に会得した新たな空間魔法を展開する。

こんな感じ。

まあ・・・・ハズレ。もっとシンプルな。

且つユノの覚醒がメインとなりました。

ユノとエルフとの関係をそろそろハッキリとさ

せて頂きたくm(__)m

 

はい。

 

前回予想の答え合わせは切り上げて、次回注目

ポイントをチェックしていきます。

今回も例によって次号予告は掲載されていない

ので、私的な次回の注目ポイント&展開予想を

していきます。

次回「ページ309」の注目ポイントは・・・・


(「ブラッククローバー」234話より)

グリンベリオールの魔法!

と予想!!

 

展開予想はこう。

二冊の魔導書を同時に展開するユノ────

 

魔導書が二冊だと!?

内一つ。スペードの魔導書とユノから湧き上が

る魔力を前にして前王を思い出すゼノン。

 

まさか生きていたとはな(・∀・)

 

と、ユノとグリンベリオール家の関係に気づき

ユノの強さに合点がいった様子のゼノン。

そして語られる前王・ロイスの実力と王座乗っ

取りまでの経緯・・・・

だが、

 

もういい。

 

負の連鎖はここで止める!!

ゼノンの言葉を遮って魔力を蓄え始めるユノ。

たっ太陽魔法発動────

 

はい。

ユノとグリンベリオール家の関係にゼノンが気

づいての前王ほじり。そして、ユノが本来の魔

法を発動するといった流れですね。

本作は童話・神話をモデルにしている所がちょ

いちょいあるので、風・・・・「北風と太陽」

を想起したのでそこからm(__)m

我ながら安直過ぎる、あと語感が悪い。笑

スポンサードリンク

まとめ

・今回ページ308の見所は「すべてが通じない相手?」「目覚める本来の力!?」。

・次回ページ309の注目ポイントは「グリンベリオールの魔法!」と予想!

王族としての、またユノ本来の魔法・・・・

風属性同様に四大元素のどれかとも考えたが、

残るは大地系のみ。

しかし、相性的にどうなのかと。

 

そして辿り着いたのが、星か太陽。

もしくは風か(´・ω・`)

これくらいしか思い浮かばんかった。

風の場合はWすね。笑

ここは次回で明らかになるのかな?と。

で、あわよくばユノとエルフとの関係なんかも

描いて頂きたい。

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です