ブラッククローバー

ブラッククローバー269話見所&感想!270話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

アスタの悪魔・リーベの過去。

リチタとの出会い、ルチフェロ及び悪魔たちに

対して強い殺意を抱くコトとなった原因や五つ

葉の魔導書へ封じられた経緯などが描かれた前

回!

続く今回は、リーベとのバトル開始!!

反魔法を纏った剣を操るリーベに対してアスタ

は・・・・!?

最新話第269話の見所おさらい&感想ほか次回

270話の注目ポイントチェック(予想)してい

きます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

269話見所おさらい&感想!

まず今回『269:魔法が使えないヤツ

の見所おさらいから!!

  • 反魔法との相性!?
  • 経験値と努力のたまもの!!

ここですね。

では、いつもどおり上記見所を掘りつつ感想を

書いていきます。

反魔法との相性!?

リーベから湧き上がる怒り、憎しみ・・・・悲

しみといった感情を氣から汲み取り、真っ向か

ら受けて立つ覚悟を決めるアスタ────

 

腕一本、しかも魔力のないアスタに勝てるワケ

がないと。

断魔の一撃を放つリーベ。

しかし、これを躱して残った左腕でリーベを殴

り飛ばすアスタ。

 

魔法が使えないアスタにとって反魔法はそこま

で脅威ではないと睨んでいるナハト副団長だが

・・・・

断魔のみならず魔導書に収まった剣を次々と引

き出して行くリーベ。

そんな中、ヤミ団長の刀だけは唯一リーベの下

へ向かう前にがっしりキャッチするアスタ。

 

断魔、宿魔、滅魔を空中で操り、アスタを攻め

るリーベ。

反魔法の力がなければ重たいだけのナマクラ。

身体能力が高いだけでは瞬間移動は出来ないし

鉄も砕けない。

上位悪魔の魔法には通用しねえ!!

 

アスタでは決して勝てない。

 

そんなふうに言いつつ、アスタを追い込んでい

く中で、五つ葉の魔導書に封じ込められてから

アスタに出会うまでの過去を思い出すリーベ。

 

何もない五つ葉の魔導書の中で、ひたすらに悪

魔を呪い続けた・・・・すると魔力の無いリー

ベに発現したのは魔力を打ち消す反魔法の力!

しかし、力は得られたものの魔導書からは出ら

れず。

そんな時、魔導書が魔力のない小僧・アスタを

選んだ。

再び現世に出るにはアスタの肉体を依代にする

しかない!!

 

コイツの身体を奪ってでも悪魔を始末する。

 

この強い意志が負けるワケがないと、目的を果

たす為、アスタを倒しにかかるリーベ────

 

〜感想〜

リーベが以前オマエ(アスタ)は弱いから言う

てたけど、リーベもまあまあ何とも言えん感じ

になってきましたな。笑

まあアスタの肉体へ掛かる悪魔の力の負荷的な

ものも含んでいたのでしょうけど(゚∀゚)

 

しかし、反魔法は魔道士ならびに魔法を使う者

からすれば脅威の存在ですが、これに該当しな

いアスタは反魔法の唯一無二の天敵とも言えそ

うすね。

この二人の関係性というか、いざ戦った時の相

性なんかは考えてなかった(・へ・)

 

魔導書がアスタの下へと導かれた理由なんかも

リチタの魔法が関係していそう。

私はリチタの雰囲気を放つアスタをリーベが選

んだのかと思っていたんすが、魔導書が選んだ

って所から見るにリーベの意志ではなかったよ

うですねm(_ _)m

あとリーベが魔導書から出られなくなった理由

ですが、

 

何!?

 

リチタの魔法で封印されたからリチタの任意で

しか出られない・・・・って反魔法なら出てけ

そうでいけそうすけど。

反魔法も魔法の一つ。

つまり、リーベは反魔(力)を宿してしまった

ってコトによって出られなくなったと捉えるべ

きなのか?

反魔法の影響を受けずリーベの力、反魔法の力

を持つ剣を出し入れ出来るのはアスタがリチタ

の力を受け継いでいるから・・・・なんて可能

性もありそうですね。

※リチタの力(おさらい):魔の宿っていない
ものを別のも
のに出し入れする魔法。

生命力・魔力を吸うという体質。

これまで反魔法とひと括りにしていた力は二人

がリチタの力をそれぞれ受け継いでいたような

感じがす(・∀・)

 

続く────

経験値と努力!

宿願を果たす為、アスタの身体を奪おうと再び

三本の剣を操ってアスタに迫るリーベ───

 

対して、下を向いたまま呼吸を整えるアスタ。

 

そして、次々と迫る剣を踊るように回避!!


(ブラッククローバー269話より)

集中して氣を読めば動きは捉えられる・・・・

というアスタの動きは、舞踏魔法の使い手・キ

アトのそれ!!

 

これまでに目にした、そして戦ってきた魔法剣

士たちの動きに近づこうと反魔法の力を得てか

らも変わらず絶え間ない努力してきたアスタ。

肉体には限界があるがゆえ、強力な魔力には敵

わないかもしれない・・・・

しかし、この反魔法との戦いにおいては経験と

努力が報われるコトなったと。

 

刀を振るうアスタの姿に重なるヤミ団長の姿。

 

魔法が使えない筋肉小僧と舐めていたアスタに

圧されていくリーベ。

そして気付かされる。

リーベが相手にしていたのは、ただの魔法が使

えない筋肉小僧ではなく、数々の強者たちと戦

ってきた経験値豊富な筋肉小僧だと!!

 

アスタの攻撃を受けて劣勢になりつつも自身の

意志が負けるハズがない。

オレは一人で・・・・・

と背負うリーベだったが、アスタ渾身の突きを

打ち込まれてぶっ飛ぶリーベ────

 

〜感想〜

今回、再認識するコトになりましたわ。

剣と魔法無くしてもアスタは強い!

って。

ただリーベの過去を見てしまうと何ともいえな

いぜ。

とにかく二人には仲良くやってもらいたいとだ

けm(_ _)m

 

ホントに回を重ねるごとに悪魔もとい、リーベ

のイメージが当初のイメージと掛け離れていき

ます。

あんなんシルエット詐欺や。笑

大物と思いますわよ。ONE PIECEの空島編で見

たデカい影演出かーい!って。分かりづらくて

ごめんなさm(_ _)m

まあ個人的な予想は超絶ハズしていますが、嫌

いじゃあない展開です!!

寧ろこうなったら予想の斜め上どころか真上を

行って頂きたい所です。

 

前半見所に書きたい所振りすぎて後半あんまり

書くことなかった(^q^)笑

おわり。

[ad#ad-1]

次回注目ポイントチェック!(予想)

今回は、アスタと悪魔リーベの戦い、そして和

解から種族間を越えた良き関係が結ばれるとい

う展開予想から注目ポイントを

アスタVSリーベの戦い、決着!!

と予想していましたが・・・・ふつーに戦いよ

った(^q^)

決着に関しては次回に持ち越しっぽいすね。

 

では、続いて次回の注目ポイントをチェックし

ていきます。

今回も次号予告は掲載されていませんのでほぼ

当たらない!予想を書いていきます。

次回「ページ270」の注目ポイントは・・・・


(ブラッククローバー269話より)

頼むぜ、パートナー!

と予想!!

 

あらすじはこう。

アスタ勝利で決着へ────!?

 

ボロボロになりながらもまだ立ち上がらんとせ

んリーベの姿を目にして勝ちを確信し、従魔の

儀を終えるべくアスタにトドメを刺すよう指示

するナハト副団長。

しかし、トドメを刺すコトなくリーベとの共闘

を望むアスタ。

コイツとは分かり合える!!

納得が行かない様子のナハト副団長から自身を

庇おうとするアスタの姿にリチタを思い出すリ

ーベ。

 

悪魔と分かり合えるワケないだろう・・・・

ならオレに勝って証明してみせろ。

そう言って悪魔の力を解放するナハト副団長─

───!!?

 

という感じすね。

ナハト副団長とのバトル、実践が修行の第二段

階であり、このまま突入するという予想す。

どちらにしてもアスタとリーベが手を取り合う

形になるんでしょうね(なってほしい)。

[ad#ad-1]

まとめ

・269話の見所は「反魔法との相性!?」「経験値と努力のたまもの!!」。

・次回270話の注目ポイントは「頼むぜ、パートナー!」と予想!

バトルが過激なものにならずともリーベ戦は何

かと見所が多いので楽しいすね。

しかもテンポは安定のサクサク!

 

今後、二人がリチタの話で盛り上がるのか?

とか共闘、最強への道をどう進むのか?って凄

い気になります。

正式に契約・・・・契約を越えた仲となるコト

でどういった力が発現するんすかね。

次回、決着の予感なのでちとこの辺りがほじら

れるコトにも期待したい(*^^*)

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です