ブラッククローバー

ブラッククローバー284話見所&感想!285話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

魔神を撃破し、クローバー王国からスペード王

国へ一人向かおうとするアスタの下に集う仲間

の影。

一方、スペード王国では先にノエルほかエルフ

修行組とハート精霊守たちが集結へ・・・・と

いった所で幕を下ろした前回。

続く今回は、冥府より現れる中位悪魔を相手に

雷小僧の魔法が炸裂!?

今週号のジャンプ、いつもより(インクが)濃

い!!私のだけ?

最新話第284話の見所おさらい&感想ほか次回

285話の注目ポイントチェック(予想)してい

きます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

284話見所おさらい&感想!

まずは今回『284:究極魔法』の見所お

さらいから!

  • 魔導の真髄!
  • 中位悪魔…

ここ。

では、いつもどおり上記見所を掘りつつ感想を

書いていきます。

魔導の真髄

時は遡り、エルフの里・エリュシアにて修行を

始めんとするノエルたち────

 

を迎えるは、めっちゃフランクかつ、ウエルカ

ムムードを放つ女性(の精霊)の姿をしたエリ

ュシアの護り神・ドリアーデ!!

 

ドリアーデにはちょっとした予知能力があり、

ノエルたちが来るコトはもちろん、冥府の門が

開きそうなコトも分かっていたという。

で、冥府の門が開いて悪魔が現世になだれ込ん

で来るとエリュシアも大変なコトになって最悪

なので協力するとペラッペラ喋るドリアーデ。

 

…思ってたのと違う(・へ・)

 

とドリアーデと顔合わせをした所で、本題へ!

ノエルたちに伝授する究極魔法とは・・・・

使い手の魔法の全てを体現したもの!

ゆえに一人ひとつ。唯一無二にして魔導の真髄

であると語るパトリ。

続けて究極魔法は本来、膨大な魔力を持つ選ば

れたエルフだけしか使用するコトは出来ない。

つまり、人間では魔力が足りなすぎて発動でき

ないと。

 

しかし!

補足するように話を始めるドリアーデ。

ノエルたちは、ハート王国で莫大な自然の魔を

利用する「真魔法」を体得している。

すなわち、自分の持つ魔力以上の魔力を扱える

状態・・・・この力を以ってすれば疑似的に究

極魔法を使える可能性があるという。

 

そう、ハート王国での半年間の修行は決して無

駄ではなかった!!

 

だから、このエリュシアで魂のルーツを知り、

肉体をより魔に近づける「真魔法」の人を超え

た魔力で究極魔法を会得しなさい。

と締め括るドリアーデ────

 

〜感想〜

元から保有する魔力を使って発動する生粋の究

極魔法か、自然の魔を借りて足りない魔力を補

って発動する擬似的な究極魔法かの違いはあれ

ど、いずれにしても究極魔法会得までのハード

ルが高い!!

高魔力保持種・エルフ族の秘奥義とはよく言っ

たものです(・∀・)

 

威力は使い手の魔法属性、また相手との相性云

々がありそうなので一概には言えませんが、こ

と現世においては自然の魔力を扱える分「真魔

法」を使用した擬似的な究極魔法の方が使い勝

手が良いようにも思えます。

 

そして、ドリアーデ・・・・いつか出てくるで

あろうとは思っていたが、早かった。

で、すげえおじいちゃんみたいなキャラ想像し

てたんすけど、ケバデカく成長したベルっぽか

った!!笑

 

ちなみにノエルたちが究極魔法を会得するにあ

たって短期間だけ修行した感ありますが、ドリ

アーデのモデルとなっている(であろう)ドリ

アードの樹の中は、DBで言うところの「精神と

時の部屋」みたいな効果(外と中で時間の流れ

る速さが違う)を持っているみたいな説もある

ようなので、割とガッツリ修行していたなんて

可能性もありそうですね。

 

と、今回は樹の精(仮)が登場しましたが、精

霊っていうと地の精霊・ノームが出てきません

な(-_-)

そろそろ登場しておかないと出番が・・・・?

ノームっていうと大地=土みたいなイメージを

持っていましたが、ドワーフに近い存在とか、

また石、樹木の二種類いるみたいな記述もある

ので、これに該当しそうなキャラに近々宿るみ

たいなパターンになるのかも?って思ったり。

 

続く────

中位悪魔…

エリュシアでの回想を経て────

 

現世になだれ込んだ悪魔たち目掛けて一斉に、

真(水・雷・土・綿・植物・風・炎)魔法を発

動する一行!!!

そして

下位悪魔、一掃。

倒れた悪魔の側に立つのは、術式で守られた国

民たちのみ。

 

術式の汎用性に興味津々、鼻息荒くなるサリー

さんを横目に、ヴァニカ嬢へリベンジすべく意

気込むノエル。

 

だが、スペード城より現れる新たな悪魔の影!

 

勢い良く飛び出したにも関わらずノエルたちを

前に怖気づき尻込みする下位の悪魔を低能と罵

り、一体の悪魔を丸めてキャッチボール(物理

的に)をしようと姿を現したのは、


(ブラッククローバー284話より)

四体の中位悪魔!!

現世の美味しーい魔を吸いながらやるキャッチ

ボールは格別・・・・ただ、人間と遊ぶのはモ

ッと楽しいんダろうナぁと期待に胸膨らませる

中位悪魔たち。

 

下位悪魔程度なら冥域でなくとも膨大な魔力で

薙ぎ払えるが、問題は中位悪魔から上!!

思い出されるドリアーデからの注意。

 

しかし、その中位悪魔たちを前に良い遊び相手

が出来た。と滾るラック。

そして、キャッチボールを早々に終えて楽シい

悲鳴(こえ)を聞かせテくれと下位悪魔ボール

を燃やし、高火力の魔法を構える中位悪魔に究

極魔法を試そうと掛け出す!!

次の瞬間・・・・

 

チ”ッッ────

 

という音とともに瞬く間に接近したラックに蹴

り斬られる魔法を放たんとしていた中位悪魔の

腕!?

 

 

いつの間に・・・・と。ラックの動きを捉える

コトさえ出来ないまま、雷究極魔法”雷霆刹那

戦鬼”によって一瞬にして両断される四体の中

位悪魔たち。

両断されてなお、状況を理解するにまで至らな

いといった様子;(∩´﹏`∩);

 

もぎ取った一体の悪魔の頭を手に、見えてない

んじゃあ遊びにもならないよね。

と余裕のラック。

中位悪魔たち、瞬殺!!

するも・・・・すぐにスペード城より漏れ出す

炎と氷の禍々しい魔力を感知して直感する。

この奥に、手を出してはイケナイモノがいると

(゚A゚;)ゴクリ

 

そのスペード城、奥ではクスクス笑うナハマー

とリリスの前で火のついた氷(つらら)によっ

て串刺しにされたナハト副団長の姿────

 

〜感想〜

ラックやば。笑

真魔法の一斉発動も圧巻ですが、中位悪魔たち

を瞬殺した究極魔法、パない(・∀・)

しかもこのやべえ魔法を会得しているのが、あ

と4人ないし5人いるという事実!

もはや力だけで言ったら皆、団長レベルなので

は?

なお今回、冥域&究極魔法を会得している可能

性があるネロちゃんとパトリはオヤスミ(いな

い)!!

まさか前回描き忘れられていたポトロフさんに

続いて・・・・無いか。笑

 

真・究極魔法が見られたのは良かったのですが

、強いて言えば中位悪魔の魔法や力の程も見て

おきたかった!!

三つ目は火、ホッキ貝の刺身みたいな女性型の

悪魔は、触手とか何となく分かりますが、メタ

ボとグレムリン・・・・特にグレムリンは居る

だけ。ムードメーカーなのかも。笑

ここは少し残念m(__)m

 

とは言え、まだ他にも更に上の・・・・最上位

まで行かずとも上位悪魔、ザグレドクラスが現

れる可能性があるので今後に期待してます。

そこまで大量にいるとは考えにくいですが。

 

そして今回の収穫!

究極魔法の概要ともう一つ・・・・下位〜中位

悪魔までは冥域でなくとも何とかなるコトが分

かりましたね。

悪魔って冥域じゃないと倒せないのでは?って

ちょっと疑問に思っていたのですが、よくよく

考えるとリーベが現世に来た際に狩られそうに

なっていた所で答えは出てました(^q^)

すっぽ抜けていた。

 

魔神戦でやや下がったテンションがまた上がっ

て来た!

あ、ナハト副団長はもうちょっとだけ耐えてい

てくれm(__)m笑

 

終───

スポンサードリンク

次回注目ポイントチェック!(予想)

今回は、覚えたてホカホカの究極魔法にて冥府

より湧き出る悪魔を一掃&アスタ一行と合流、

暴牛が集結してスペード城へ乗り込むという展

開予想から注目ポイントを・・・・

「究極魔法!」

と予想していましたが、展開予想がスカるいつ

ものパターン!!

究極魔法とラックって所だけ辛うじて引っ掛け

たが・・・・まあ当たり外れ関係なく今回は一

週空いた分もあってか、いつになく楽しめまし

た(^^)

 

では、切り換えて次回の注目ポイントをチェッ

クしていきます。

今回もヒント?となる次号予告は掲載されてい

ませんので、私の予想99%の注目ポイント&展

開予想となりますm(_ _)m

次回「ページ285」の注目ポイントは・・・・


(ブラッククローバーコミックス27巻より)

ファウスト家

と予想!!

 

展開予想はこう。

ナハマーとリリスを前に、生命の危機に瀕する

ナハト副団長が思い出すは過去の記憶────

 

今や廃墟となった家で貴族として家族と過ごし

た日々やヤミ団長との出会い、行動を共にして

いた灰色の玄鹿団時代。

そして・・・・自由に生きる兄が呼び寄せた理

不尽な悪の存在によって変わった人生。

これまでの出来事が走馬灯のように過ぎていく

中で、最後に浮かぶは純粋なアスタの笑顔!!

 

自身が倒れてもアスタが必ず三極性の野望を喰

い止めてくれる!

そうダンテおじに言い切るナハト副団長に向け

て放たれるトドメの一撃。

・・・・が

決まる寸前、氷を破壊してナハト副団長を救出

するアスタ!!

 

あとは任せてくださいな────

 

とこんな感じで、次回こそナハト副団長の過去

がほじられる&いつもどおりアスタが良い所を

持っていくというパターンな展開予想です。

アスタほか数名の魔道士も共に参上して・・・

ナハト副団長を回復させるか空間魔法で外にポ

イするのどちらかと見た!!

スポンサードリンク

まとめ

・今回284話の見所は「魔導の真髄」「中位悪魔…」。

・285話の注目ポイントは「ファウスト家」と予想!!

次回、予想通りナハト副団長(29)の過去がほ

じくられるとなってもザッと。

兄とのやりとりやヤミ団長に抱く嫌悪感、禁術

に手を染めた経緯辺りがメインで描かれそうで

すね。

 

・・・・そもそもまだアスタが到着していない

段階でこの予想は大丈夫なのだろうか(・へ・)

ナハト副団長の危機的な状況より大丈夫じゃな

さそう。笑

ですが、曲げずにこの予想で行きます!!

次回も楽しみにしておりますm(__)m

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です