ブラッククローバー

ブラッククローバー265話見所&感想!266話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

ヴァンジャンス団長の判断が正しかったコトを

証明すべくゼノンとのリベンジに燃えるユノ。

そんな決戦迫る中、クローバーサイドとは別に

ノエルサイドでも展開が動き出した所で幕とな

った前回。

続く今回は、500年前からの繋がり!エルフ族

は絶滅していなかった!?

人とエルフが再び手を取り合う時・・・・!!

最新話第265話の見所おさらい&感想ほか次回

266話の注目ポイントチェック(予想)してい

きます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

265話見所おさらい&感想!

まずは今回『ページ265 :エリシュア』の見所

おさらいから。

  • テティアの子は…!?
  • エルフ直伝!秘奥義”究極魔法”!!

ここですね。

では上記見所を掘りつつ、感想を書いていきま

す。

テティアの子は…!?

思いもよらぬ形で再会したエルフたちを前にし

、驚くノエルの声に反応して直ぐ側で眠ってい

たネロちゃんやミモザも目覚める────

※ハートで戦った騎士団員皆保護されてる。

 

自然広がるこの場所は一体!?

 

少し戸惑うノエルに現在地が、ハート王国奥地

よりさらに奥の強魔地帯にある秘境・エリシュ

アだと話すパトリ。

 

ノエルがエリシュアに満ち溢れる濃い魔を感じ

ていると、パトリの影からノエルたちを心配す

るようにそっと近づく二人の子供の姿。

 

その子供は紛れもなく、エルフのそれ!!

 


(ブラッククローバー265話より)

この子たちはクローバーの王族とリヒトの子孫

だと紹介するパトリ。

これにまた驚かされるノエルとミモザ、ネロち

ゃん。

 

だが、ネロちゃんには少し心当たりが・・・・

 

思い出されるはザグレドに誑かされた王族たち

によるエルフ襲撃事件。

当時、エルフたちは全滅し、テティアも亡き者

となっていたかと思いきや!?

 

テティアの付けていた魔石を取りにテティアの

下へ向かうと、深手を負っていたものの辛うじ

てテティアは生存していて、お腹の中にいる

赤ちゃんの一人もまた魔力を感知で

きたコトから生存していたという。

しかし、事態は急を要する。

ゆえにテティアの傷を封緘してすぐさまルミエ

ルの下を目指したネロちゃん。

 

その後、ネロちゃんがトリの姿で目覚めた時に

は既に長い年月が過ぎていた為、テティアがど

うなっていたかは分からなかった・・・・

 

けど、ルミエルの妹君・テティアの子孫でもあ

るエルフの子供を見てテティアは戦いの後も生

き延び、その血は現代にまで繋がっていた!!

と喜び涙を流すネロちゃん。

 

ネロちゃんの回想を挟んだ所で話は戻り、ここ

エリシュアが新しいエルフの里で、自身たちが

現代に残った意味に気づいたというように話す

パトリ。

 

しかし、どういった経緯があって魔法騎士団を

救ってくれたのかと問うミモザ。

これについては、エリシュアの護り神・ドリア

ーデ(樹)から”魔法騎士団を救え”というお告

げがあったからと答えるパトリ。

 

ドリアーデ・・・・って何?という様子のノエ

ル。

ここは触れず話を続けるパトリ────

 

〜感想〜

エルフ子供可愛い。

というか、テティア生きとったんかい(゚∀゚)

ホントにびっくらな事実が明らかとなりました

な。

ネロちゃんが目覚めるまでの空白の時間、この

間にリヒトの魔導書に何らかのコトが起こって

いた可能性!!

 

あと双子の話がちょっと引っ掛かりますね。

ネロちゃんは子供の一人の生存を魔力から確認

したっぽいですが、果たしてもう一人の子は本

当にダメだったのか!?

それとも?魔力が感知出来なかったというより

・・・・とか、少し考えさせられる所ですね。

そして魔石のパワーも一枚噛んでそうな気がし

ないでもないm(_ _)m

 

ちなみに、ドリアーデという樹。

これは木の精霊・ドリュアス(ドリアード)か

らもじっているぽいですね。

はい。

 

続く───

エルフ直伝!秘奥義”究極魔法”!!

ドリアーデのお告げに従い、急遽ハートへ向か

ったパトリたちだったが、間に合わず───

 

しかし、使徒と対峙した各々が自分の力で爆発

を乗り越え、生き延びた。

これによってハートの国民たちも救われた。

アレ程の強敵を前に全滅を免れたコトは凄いと

ノエルたちを称賛するパトリだが・・・・

 

半年間の努力も虚しく、ヴァニカ嬢には敵わず

挙げ句ペチカ王女を拐われるという結果となっ

て悔しさを隠しきれないノエル。

ペチカ王女もいつまで生かされているかなんて

分からない・・・・

 

今すぐ強くなるしかない、もっと!!

 

そう言ってパトリに詰め寄り、今の実力を以っ

てしてもまだ先を行くエルフたちの強さの秘訣

を問うノエル。

やれやれといったライアと半年間も修行して勝

てなかった相手に短期間で勝てるようになると

でも思っているのか?

と冷静に問い返すパトリ。

 

無論、そんな甘くないことは承知の上!!

 

だが、強くなるコトを諦めるコトの方が難しい

と強い意志を持って答え・・・・

そうでしょ?

と後ろで眠るラックやレオ、チャーたちにも呼

びかけるノエル。

これに威勢よくオオッ!!っと返事する一

行。

 

相変わらずメンドクセーヤツら・・・・

なんて悪態をつきながらも満更でもないという

様子のライアと、じゃあ君たちは強くなれる!

というパトリ。

 

エルフの秘奥義”究極魔法”で─────

 

〜感想〜

エルフ組、零域+レベルほぼ確。

こっち(ハート出張組)でもまた新たな修行が

始まりつつありますな。

アスタたちを介さず人知れず、エルフの秘奥義

を会得スべく特訓するというのは熱い展開なの

ですが・・・・レベルアップのスパンがめちゃ

短い!!

友情、努力×2、勝利な感じすね。笑

もう「究極魔法」っていう語感だけでワクワク

するぜ(^o^)/

 

しかし、あの魔力おばけのリヒトでさえ究極魔

法を発動する際には、ほかのエルフの力を拝借

していた記憶なんですけど・・・・

各個で会得、発動出来るものなのかしら?って

いう疑問は残ります。

術式のように究極魔法もまた会得する際、ふる

いに掛けられるのやもしれませんねm(_ _)m

 

ただ、会得してしまえば術式と合わせて尚の事

どえらい使い手となるコトは間違いなし!!

欲張りフルコースで行くなら・・・・

マナゾーン+(魔言)術式×真究極〇〇魔法!

ですかね。笑

 

それにしても、ここでもヴァンジャンス団長に

触れられるコトはなかった・・・・

せめてパトリだけでもと思ったけど。

そもそも状況の説明すらなかったのであった。

エルフたちは現状を把握しているってコトでい

いのかしら(・∀・)

[ad#ad-1]

次回注目ポイントチェック!(予想)

今回は、現状を知ったエルフ組の参戦&アスタ

が悪魔の力を使いこなす特訓を開始するという

展開予想から注目ポイントを・・・・

「エルフ組合流!/特訓スタート!!」

と。

ノエルサイドとアスタサイドの両サイドで同時

に動きがあると睨んでいましたが、動いたのは

ノエルサイドだけでした(・へ・)

 

では早々に切り替えて。

続いて次回の注目ポイントをチェックしていき

ます。

今回は次号予告は掲載されていませんのでいつ

ものヤツ当たらない!予想を書いていきま

す。

次回「ページ266」の注目ポイントは・・・・


(ブラッククローバー262話より)

悪魔の力の使い方!

と予想!!

 

展開予想はこう。

ハート王国と連絡が取れないコトに不安を抱き

つつ、クローバー王国中心部より場所を移して

特訓を開始するアスタ────

 

仲間が心配かい?とぼんやりするアスタに問う

ナハト副団長に対してノエルたちならきっと大

丈夫!

と自身にも言い聞かせるように答えるアスタ。

 

なら始めようかと・・・・

ナハト副団長に言われるがまま、いつものよう

に悪魔の力を解放、ブラック化するアスタ。

 

すると、ここからはあっしにお任せ(゚∀゚)/

 

喋りたい悪魔・ギモデロが悪魔との契約方法か

ら代償までをご紹介!!

そして、アスタが悪魔の力を使いこなすに足り

えない部分を指摘。

分かったような分からないようなギモデロのア

ドバイスのもと、反魔法の悪魔へと語りかける

アスタ。

 

再度アスタの前に姿を現すかと思いきや・・・

アスタの右腕を扱いナハト副団長&ギモデロを

始末しにかかる反魔法の悪魔。

ナハトの旦那ァ、コイツは────!?

 

こんな感じで、クローバー、アスタサイドに戻

って特訓開始!するも早々に問題が発生すると

いう展開予想です。

[ad#ad-1]

まとめ

・265話の見所は「テティアの子は…!?」「エルフ直伝!秘奥義”究極魔法”!!」

・次回266話の注目ポイントは「悪魔の力の使い方!」と予想!

アスタサイド、ノエルサイドで特訓が始まろう

かというワクワクする展開を迎えたタイミング

で次回のブラクロはお休み(・へ・)

週刊少年ジャンプ44号より再開予定!

とのことです。

田畠氏のコメント欄もいつもどおりな感じなん

ので取材とか?なんすかね。

とにかくご注意をm(__)m

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です