ブラッククローバー

ブラッククローバー264話見所&感想!265話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

ナハト副団長によって明かされたクリフォト降

臨へのタイムリミット。

ヤミ団長とヴァンジャンス団長の奪還=クリフ

ォトの樹の消滅。

これを目標としてクローバー王国の猛者たちが

動き出そうといった所で幕を下ろした前回!

続く今回は、彼奴を討つのは俺だ!!

静かに燃える闘志・・・・一方、クローバー王

国外でも動き出す頼れる味方の影!?

最新話第264話の見所おさらい&感想ほか次回

265話の注目ポイントチェック(予想)してい

きます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

264話見所おさらい&感想!

まずは今回『ページ264 :最強の胎動』の見所お

さらいから。

  • スペード強襲プラン
  • クローバー最強の魔法騎士団の証明。

ここですね。

では上記見所を掘りつつ、感想を書いていきま

す。

スペード強襲プラン

ヤミ団長とヴァンジャンス団長を奪還、クリフ

ォトの樹の消滅プランを話すナハト副団長──

 

そのプランとは・・・・

正面突破ではなく、ナハト副団長の魔法を使用

してスペードの王城に忍び込み、三極性を各個

撃破するというもの。

 

但し、ナハト副団長の魔法で連れて行ける人数

に制限あり!!

 

故に、三極性を倒しうる可能性の高い使い手を

選択する必要があるというナハト副団長。

一番に名乗りを上げるジャック団長・・・・に

続いて名乗りを上げたのはユノ!!

普通に反対するジャック団長とやんわり反対す

るフエゴ団長。

 

そんな中、ユノにある質問を投げかけるナハト

副団長。

スペードには三極性をよく思っていない反抗勢

力が存在し、その内の一人がこっそらクローバ

ーに来ている・・・・

 

今はキミのところにいるだろう?キミは一体何

者かな?と追求。

 

この質問について、少し間を置いて自身がスペ

ード王国の王子らしいと打ち明けるユノ。

驚いた様子の団長陣と期待を裏切らない程度に

テンパるアスタを横目にクローバーへと辿り着

いた経緯を簡略的に説明、さらに現在クローバ

ーに来ているスペードの人・ラルフが、旧スペ

ードの王族の従者だと素性を明かし、スペード

の内情にも詳しいハズと続ける────

 

〜感想〜

真っ向から突撃してドンパチを見たい所ではあ

りますが、タイムリミットが迫ってるコトやク

ローバーを守る役割を担う戦力を残すコトを考

えると少数精鋭での潜入が妥当なのか・・・・

何人程で乗り込むのか分かりませんが、良くて

4、5人てところでしょうか?

 

ラルフやスペードにいるという反抗勢力(レジ

スタンス)によるナビとハムの透過魔法&フィ

ンラル、ヴァルトスの空間魔法を上手いこと利

用すれば一軍に続くように猛者をドカドカ送れ

る気がしないでもないですけど(^^)

この辺はあったとしてもクリフォト降臨の儀が

進むに連れて・・・といった感じでしょうか。

露払いは任せて本丸やりなさい!!

的な具合に。

個人的に見たい流れを書いて見たm(_ _)m

 

続く───

クローバー最強の魔法騎士団の証明。

ラルフ、さらにはユノにもスパイ容疑を掛ける

ように突っかかるジャック団長────

 

しかし、これだけは譲れないとでも言わんばか

りにヴァンジャンス団長は自身が助けなければ

意味がないと反論するユノ。

 

先のエルフの一件以降、皆がヴァンジャンス団

長に対して不信感を抱いているコトは確か。

実際にヴァンジャンス団長がしたコトを考えれ

ば仕方がないコトだが・・・・

だからこそ!!

ヴァンジャンス団長はエルフの一件を終えた今

、誰よりもひたむきに魔法騎士として戦ってい

る。

 

かくいうユノがゼノンに敗北した後・・・・

薄れゆく意識の中でユノが目にしたのは、満身

創痍ながら皆を守りつつゼノンと戦うヴァンジ

ャンス団長の姿。

団員たちを守りながら戦っているコトが敗因だ

というゼノンに、エルフの一件でやらかしても

なお自身に着いて来てくれる金色の仲間は誇り

であり、夢でもある。

見捨てるという選択肢は無いというヴァンジャ

ンス団長・・・・

しかし、その結果、ゼノンの言うように自身や

仲間を守ったコトが敗北へと繋がったとでもい

うかのような口ぶりのユノ。

 

他団の団長及び団員が、ヴァンジャンス団長に

対して一線を引いていたとしても金色の団員た

ちからすれば頼もしく優しい団長 。

そんなヴァンジャンス団長の魔法のおかげで金

色は全滅を免れた。

ゼノンは全滅させた気でいるようだが・・・・

まだ終わっていない!

 

金色が

クローバー最強の魔法騎士団だ!!

 

自身たちを救ったヴァンジャンス団長が正しか

ったというコトを証明しに行かねば・・・・と

再度ヴァンジャンス団長を自身が救いだすと断

言するユノ。

 

ヴァンジャンス団長に対する熱い想い、リベン

ジに燃えるユノから湧き上がる強力な魔力を目

の当たりにしても尚、まだ不満あり気に絡むジ

ャック団長だったが・・・・

そんなジャック団長の言葉を遮ったのはユノ同

様リベンジに燃え、いつになく真剣な表情で静

かに魔(マナ)を蓄えるベル!!


(ブラッククローバー264話より)

ユノはもう負けない。

 

ユノの強い意志と自信から勝算ありと判断した

様子のナハト副団長。

仲間を思う姿を見て、スペードの王子だろうが

ユノはユノだったと安心するアスタ。

 

スペードへの出発は2日後明朝!!

となるとハートにも協力要請をしたい所だが、

ハートとは前日より連絡が取れない。

 

何かあったのでは?

不安が募る中、前日といえば・・・・と心当た

りがあるように口を開くナハト副団長。

三極性が出払っていたからスペードで大きく動

けた。

もしかするとヴァニカ嬢はハートを襲撃してい

たのかもしれない。

ナハト副団長の言葉を聞き、アスタの頭に不安

がよぎる────

 

一方、そのハート王国で・・・・

ちょうど目を覚ましたノエル。

そのノエルの前にはパトリたち四人のエルフの

姿────!?

 

〜感想〜

金色の仲間に対するヴァンジャンス団長とユノ

の想いが熱く語られる回でしたな\(^o^)/

原作では珍しいヤツ(アニメではちょいちょい

あるイメージ)。

前回ヴァンジャンス団長にあまり触れられなか

ったのは今回の為だったのかしら!?

しかし、ヴァンジャンス団長。

ゼノンとの戦闘シーン無くてあっさり撃破され

ていたのかと思ってましたが、一度ダウンした

後に再度復活して置き土産を残しただけでなく

人知れずもう一戦交えていたんすね。

もし団員たちを守っていなかったら捕らえられ

るコトは無かったとでも言うような口ぶりです

けど・・・・ちょっと怪しいす。

けど、もう少し良い勝負出来たのかな?位には

考えてしまいますね。

 

そしてユノ!!

憔悴状態にあるのかと思っていたらベルと共に

リベンジに燃えていた(∩´﹏`∩)

しかし、問題は零域と冥域の壁・・・・

一人で魔法騎士団に匹敵すると言われた精霊宿

すペチカ王女でさえ倒せない三極性をどう攻略

するんでしょうね?

ノエルがヴァニカ嬢との戦い終盤で、それらし

い力の片鱗を見せていましたが・・・・

まさか感情で常識には囚われない悪魔をも打ち

得る力を生み出すとでもいうのかい?

いずれにしても三極性とのリベンジマッチには

熱くならざるをえないですね。

 

で、個人的に待ってました(゚∀゚)/

頼れるはぐれエルフたちの登場!

ハートに現れるんかーいな所はありましたが、

まあ良い。これもまた胸熱展開!!

かつて身体をシェアしたヴァンジャンス団長が

囚われたとなると傍観するという選択肢は無い

でしょうからあとはどこで活躍するかですね。

ホント頼もしい限りです。

 

ノエルはヴァニカとのリベンジ戦がほぼ確実で

しょうが、今のままではやや心許ない!!

ウンディーネの安否もまだ不明ですし・・・・

ここからどういった策を講じるのか?こっちは

こっちで注目ですね。

 

そういえば最後の精霊・ノームってどこにいる

んやろ?

[ad#ad-1]

次回注目ポイントチェック!(予想)

今回は、これからが気張り所といったタイミン

グで自信喪失してるユノにアスタが活を入れる

といった展開予想から注目ポイントを

「狙いはクリフォト消滅!しかし…

と予想していましたが、活を入れる所かユノも

うやる気満々した。

※しかし…の続きはユノが士気を下げそうとか
そんな感じの予想です。

 

さて気持ち良いくらいに予想をスパッと外した

(・へ・)所で、続いて次回の注目ポイントをチェ

ックしていきます。

今回は次号予告が掲載されているので先にそっ

ちから見ときまそう!

「クローバー王国反撃の兆し!!アスタは一体!?」

これは乗っかるべきなのかしら!?

次回「ページ265」の注目ポイントは・・・・


(ブラッククローバー264話より)

エルフ組合流!/特訓スタート!!

と予想!

 

展開予想はこう。

ここで何を!?エルフたちに問うも答えを聞く

より前にハッ!と。ペチカ王女や爆発による被

害状況を案ずるノエル───

 

そんなノエルに王女はいないけど皆は手当して

おいたから大丈夫だとハートの現状を説明し、

それより今世界で何が起こっているんだい?と

ノエルに質問するパトリ。

 

これに三極性の目的や目的を果たす為にヴァン

ジャンス団長が連れ去られたコト、一部始終を

説明するノエル。

 

まさかヴァンジャンスが・・・・

 

スペードは我々エルフがいた時代からいわくが

あったが、そんな面倒なコトになっていようと

は。

ヴァンジャンスは大事な友人だ・・・・ぼくた

ちも協力するよ────

 

一方、クローバー王国の片隅にて始まるアスタ

の特訓。

ナハト副団長とギモデロより悪魔の力の使い方

の説明を聞き、反魔法の悪魔との接触を図るア

スタ。

早速に特訓を開始─────するが!?

 

こう!

ハートの被害状況の確認とエルフ組の参戦!

アスタの特訓開始・・・・間もなく、反魔法の

悪魔が厄介なヤツだったコトにギモデロが気づ

く!!

みたいな展開になったら面白いなってm(_ _)m

ザクレドと反魔法の悪魔が対話した際のように

ギモデロと反魔法の悪魔が精神世界的な所で接

触するような展開も見てみたい。

で、あっやべっ・・・・てなって欲しい。笑

[ad#ad-1]

まとめ

・264話の見所は「スペード強襲プラン」「クローバー最強の魔法騎士団の証明。

・次回265話の注目ポイントは「エルフ組合流!/特訓スタート!!」と予想!

エルフ組登場は何となく予想していたましたが

、いざ出てくるとちょと痺れるという(^^)

他の味方の活躍もですが、あまり使用されない

魔導具なんかもガンガン使用してもらいたい所

です。

 

さて!!

 

今回はあえて次号予告(ヒント)をスルーして

予想してみましたが・・・・次回の注目ポイン

ト&展開とは如何に!?

あ、そいで次号の週刊少年ジャンプ42号は、月

曜日が祝日なので今週9月19日(土)発売予定

と発売日が変更されております。

お間違えのないようm(_ _)m

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です