ブラッククローバー

ブラッククローバー142話見所&感想!143話注目ポイントチェックも

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

アジトが組み換えられる中でも目的を達成す

るというヴァルトス。やはり仕事の出来る男

だったぜ!!

とか思ってたらそれ所じゃあなかった。

今回142話では暴牛アジトでも無く魔眼アジ

トでも無い・・・また別の場所で展開が大き

く動きました(^_^)

では順に、いつも通り見所おさらい&感想ほ

か、次回143話の注目ポイントについてチェ

ックしていきます。

※ネタバレ注意!!

スポンサードリンク

142話見所おさらい&感想!

まずは142話の見所おさらい&感想から。

今回ページ142:黄昏の見所は・・・

■ヴァンジャンス団長の正体。

ストレートにこれですね。

ちなみに今回は、暴牛アジト防衛戦(仮)完

結にはじまり、アジトが襲撃にあっている時

のヤミ団長の動向。

そしてユリウスとヴァンジャンス団長のやり

とり・・・

という感じにサクサクかつ凄え濃い内容とな

っていました。

では、ここからは上記見所を含め142話の感

想を書いていきます。

142話感想!

目的を達成しラデス等の元に戻ってきたヴァ

ルトスの命令で撤退を決め込む魔眼。

サリーさんはともかくラデスは奥の手を以っ

てまだやる気だった(-_-;)

意外に長かった気がした暴牛アジト防衛戦は

さらりと完。

ヴァルトスに(恐らく)魔石パクられてるの

で暴牛は試合に勝って勝負に負けたって所か

しら。

しかしラデス、騎士団長×騎士団長の魔法よ

り奥の手ってことはさらに強い屍を持ってる

ってコトですよね。

歴代の魔法帝とか?

 

で、その暴牛アジトが襲撃を受けていた頃の

ヤミ団長の所在が金色本拠地にあるコトが判

明します。

フィンラルの件についてヴァンジャンス団長

が謝罪するとかで、見事に足止めを食らって

いた。

アジト襲撃のタイミングといいこれは完全に

金団(長)やってますわ(´・ω・`)

あちなみにヤミ団長はフィンラルの怪我と現

れないヴァンジャンス団長に対してキレてな

・・・いや結構キレてます。

しかしヤミ団長なんやかんや疑いつつも内心

では、ヴァンジャンス団長を信用しているみ

たいです。

 

が!!

ここで大きく展開が動いた。

場面は突如王都を見下ろすユリウス。

そのユリウスの元に現れたのはヤミ団長を待

たせたままのヴァンジャンス団長・ω・

仮面を取り、ユリウスに対する尊敬の念や金

色団の在り方を口にし・・・続けてユリウス

よりも前に出会ったヴァンジャンス団長の中

?の友人について語りはじめる。

友人とは二重人格的なヤツですね。恐らく。

 


(コミックス9巻より)

自身が大切に思うユリウスと内なる友人(リ

ヒ)二人どちらを優先すべきか決め兼ねたヴ

ァンジャンス団長、まさかの後は二人に任せ

たルール発動!

勝った方に着く的な?コウモリ野郎か!!!

 

そこからヴァンジャンス団長の姿がみるみる

うちにリヒトの姿に!って感じですね。

ユリウスはヴァンジャンス団長、いやリヒト

の正体に確信は持てないまでも少なからず疑

ってはいたっぽいですな。

いやまさかアジとロボが〜とか言ってた次回

にこんなバレが来るとは。

しかしこれによってヴァンジャンス団長がコ

ウモリ野郎・・・であるコトもそうですが、

これまでの引っ掛かりが色々とスッキリさせ

られそう、あっ(´・ω・`)

ヴァンジャンス団長とリヒトが友人てことは

以前に私が予想したヴァンジャンス団長はリ

ヒトの子供かもしれないという予想外れとる。

143話注目ポイントチェック!(予想)

続いて次回注目ポイントチェックコーナー!

次回ブラッククローバー143話の注目ポイント

は・・・

『ユリウスVSヴァンジャンス(リヒト)』

ですね。

遂にクローバー王国現魔法帝と白夜魔眼頭首

(エルフの末裔?)の頂上決戦が始まる!!

のか?

いや多分始まる。

※ジャンプ次回予告参照(保険かけた)

これまでに見た中での最強の戦い・・・


(コミックス5巻より)

未知数だったユリウスの真の実力が見られそ

う!!

と言いたい所ですが、情にほだされ手抜いて

やられそうな予感がする。

とにかくユリウス死亡フラグ立ったっぽいで

すが、個人的にも好きなキャラなのでなんと

か耐えて欲しい所(´・ω・`)

フエゴカムバック。

[ad#ad-1]

まとめ

・142話の見所は、ヴァンジャンスの団長の
正体。

・次回143話の注目ポイントは、ユリウスVS
リヒト。

本格バトルというより次回は二人の会話がメ

インなのかも?色々と明かされる情報もある

でしょうし、次回はいつも以上に目が離せな

い内容となりそう(^^)

めっちゃ楽しみす。

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。