ブラッククローバー

ブラッククローバー260話見所&感想!261話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

覚醒アスタとヤミ団長の連携によってダンテお

じ撃破!

三極性を相手に初勝利をあげたか!?と言った

所で幕をおろした前回。

続く今回は、その実力や未知数・・・・三極性

のアイツ襲来で世界終焉へのカウントダウン開

始!?

最新話第260話の見所おさらい&感想ほか次回

261話の注目ポイントチェック(予想)してい

きます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

260話見所おさらい&感想!

まずは今回『ページ260:ダークアウト』の見

所おさらいから!!

  • 三極性・ゼノン、襲来。
  • TAKE OUT!!

ここですかね。

では上記見所を掘りつつ、感想を書いていきま

す。

三極性・ゼノン襲来!

倒れたダンテの側に立つ悪魔に代価として支払

ったアスタの右腕に走る痛み?違和感───

 

崩れるアスタをキャッチして褒めるヤミ団長。

 

フィンラルとバネッサが二人の下へと駆け寄る

中、ようやく意識を取り戻したゴーシュにハグ

するグレイ。

 

ミッションコンプリート!!

 

一段落ついた所で、皆の下を離れてやれやれと

言う感じに瀕死の状態のダンテを拘束しようと

魔導書をペロリ捲るヤミ団長・・・・


(ブラッククローバー260話より)

の近距離に突如として空間より姿を現す悪魔の

力を解放した状態のゼノン!!?

 

反応間に合わず。

 

音のするヤミ団長の方へフィンラルが振り返る

とそこには串刺しにされて動けずにいるヤミ団

長、さらにはヴァンジャンス団長の姿。

ここで、フィンラルの頭をよぎるダンテが口に

した「クリフォトの樹」を生み出す条件───

 

〜感想〜

これは油断した(・へ・)

まかさーの暗黒空間(仮)からゼノンひょっこ

り登場!!

空間移動はフィンラルの特権じゃあなかった。

 

というか、ヴァンジャンス団長をまだぶら下げ

てるってコトは、金色破壊後、ユノとの戦いの

帰り道っぽいすね。

しかしゾクラティスきょうだい。

何やかんやできょうだい思いというか・・・・

仲良しだった(^o^)//

 

続く───

TAKE OUT!!

ヤミ団長を拘束、そしてダウンしたダンテを回

収した後、フィンラルの肩を借りて辛うじて立

っている状態のアスタの方へと目をやるゼノン

───

 

そしてアスタ目掛けて容赦なく手を伸ばすが如

く骨を伸ばしてトドメを刺しにかかるゼノン。

しかし、フィンラルが瞬時に空間魔法を展開し

てこれを捌く!!

 

空間魔法に対して何やら思う所ありそうな反応

を見せるゼノンの腕より伸びる骨に違和感!?

 

思い出されるは、ユノとの戦い。


(ブラッククローバー238話より)

アスタも始末しておきたかったが、そろそろ時

間だ・・・・と。

やむを得ないという様子で空間を開いてトンズ

ラかまそうというゼノン。

 

あかん、このままでは世界が終わる!!!

 

なんとか止めに掛かろうと、ゴーシュが”リフレ

クト・リフレイン”を発動、ヘンリーは”ミニ暴

牛号”で突撃をするが、なんなく迎撃していくゼ

ノン。

 

そんな中、再び悪魔の力にすがろうというアス

タだったが・・・・今度はあっさり拒否!!

そもそもアスタの体は動かない、なにより今の

体では取引は成立しない。

 

オマエが弱いからだ・・・・

 

と厳しい言葉を投げかける悪魔。

アスタはもはや戦力外。

 

続き、この窮地を脱すべく急ぎルージュを創り

出し、フィンラルの空間魔法を介してヤミ団長

の下に送ろうとするバネッサだったが叶わず。

バネッサの下へと弾き飛ばされるルージュ。

 

どうすることも出来ぬまま・・・・皆が見つめ

る中でヤミ団長を連れて空間の中へと消えてい

くゼノン。

 

ヤミ団長の名を叫ぶアスタ。

そこに残るは、朽ちたヤミ団長の刀のみ───

 

〜感想〜

ヤミ団長、テイクアウツm(_ _)m

前回私の予想する今後の大まかな流れ的なのを

やんわり書いたんすけど、ダンテおじダウンで

予想ドハズレ!!

と諦めてたんすが・・・・なんかイケる気がし

てきた(・へ・)ちょっと不謹慎ですけどね。

 

さて。

ほかにも書きたいことはそこそこ。

まずはここでユノとの戦いが響いてきたって所

ですね。

ユノ、手も足も出ず完膚なきまでにやられてる

かと思いきや何気にゼノンを削ってました!!

アスタが始末されずにすんだのもユノとの戦い

のおかげだったと。

今後のリベンジ戦が熱くなりそう\(^o^)/

しかしアスタ、不安要素を残してまで急ぐ理由

とは一体・・・・

満月、十六夜等の儀式的なものを行うタイミン

グが関係してるのかもしれんすね。

 

あとは、アスタの解除できない腕と取引不可能

な体の謎。

今の体では取引が成立しない=単純に体が耐え

られないと捉えるべきなのか?

悪魔の真の力を扱うに至らない。

右腕以外、全身で悪魔の真の力を使いこなすに

は至らないと・・・・言うならアスタの体は代

価になり得ないとでも?

それともなにか他に理由が?実はアスタの内に

何か邪魔する力があったり!?なんてね。

ここはこれからの悪魔との対話で色々と見えて

くるコトになりそうですね。

そして忘れてはイケナイ、代償の存在。

 

とにかく今後、アスタや暴牛団員たちもですが

シャーロット団長なんかもヤミ団長の奪還に燃

えるコトとなりそう\(^o^)/

[ad#ad-1]

次回注目ポイントチェック!(予想)

今回は、三極性相手に白星を上げてアスタたち

の勝ちィ!ダンテおじを土産にクローバーへ帰

還じゃ。みたいなぬるい展開予想して注目ポイ

ントを・・・・

「お土産(ダンテおじ)持って帰省!」

と予想していましたが、逆にヤミおじ持ってか

れた(・へ・)笑

個人的にはダンテおじがヤミおじを攫うという

おじさんがおじさんを攫う恐ろしい絵面を想像

してたんすが、ゼノンだったコトで恐ろしさが

軽減された気がする。

 

では、振り返りは程々にして続いて次回の注目

ポイントをチェックしていきます。

今回は次号予告、あるゥ!!

ということで、先にチェック。

「VSスペード王国!!クローバー王国は一体!?」

おほう。

これは乗っかりたいし見たいところ。

ではこの予告を元に・・・・やはりいつも通り

当たらない予想をしていきます。

次回「ページ261」の注目ポイントは・・・・


(ブラッククローバー214話より)

猛者、集結!

と予想!

 

展開予想はこう。

金色の半壊という事実を受けて余(王)、ユリ

ウス、ダムナティオさんの元に集結する騎士団

長たち───

 

そこへ、ペチカ王女やヤミ団長が拐われたとい

う凶報が続々と入り、困惑と渦巻く怒り。

 

このままでは世界が崩壊してしまう・・・・

 

が、ヴァンジャンス団長にヤミ団長、さらには

騎士団に匹敵する力を有するペチカ王女さえも

三極性を前にしては歯が立たない。

 

もっと戦力が必要!!

 

という時・・・・騎士団集結する室内に続々と

入室するハムをはじめ、魔女王にパトリたちは

ぐれエルフ、さらにはロータスにマルス、ラド

ロスとダイヤの生き残りたち。

 

今こそ彼らと手を組まねばなのだよ。といきり

立つ余を宥めるユリウス。

そして最後に入室するは、暴牛のローブを羽織

った例の男───!?

 

という次号予告を元にしつつ、豪華アン胸アツ

な・・・・やりすぎ感あるけど見てみたい!!

共闘必須な展開予想をしてみました。

[ad#ad-1]

まとめ

・260話の見所は「三極性・ゼノン襲来!」「TAKE OUT!!

・次回261話の注目ポイントは「猛者、集結!」と予想!

三極性を相手に白星を上げたとは言え、何とも

言えぬ展開となりました。

試合に勝って勝負に的なヤツ。

やはりクリフォトの樹は完成させられてしまい

そうですね。

あいつ・・・・黒の暴牛のスパイが何か手を打

っていなければ!!

次回、登場に期待(予想)m(_ _)m

 

で、最近多い発売日のあれこれ。

今週号が合併号なので次号の週刊少年ジャンプ

38号の発売日は8月24日(月)となってます。

お気をつけ下さいませm(_ _)m

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です