ブラッククローバー

ファンゼル・クルーガーについて!ブラクロ小説ネタバレ情報まとめ

田畠祐基さん原作『ブラッククローバー』。

小説版よりさらっと登場し、本編の魔女の森編

でガッツリ活躍するキャラの一人、ファンゼル

・クルーガー。

まさかの小説組の登場で困惑しているファンの

お人も少なくはないでしょう!!

誰やねん(・へ・)

ってね。

ということで今回は小説からの参戦組のファン

ゼルの情報をまとめていきます。

スポンサードリンク

プロフィール


(ブラッククローバー88話より)

■名前:ファンゼル・クルーガー

■愛称:ゼル、先生

■誕生日:10月7日(天秤座)

■出身地:ダイヤモンド王国?

■年齢:28歳

■身長:178cm

■血液型:O型

■好きなもの:教え子の成長、開放的なファ
ション、ドミナントの料理

アスタが黒の暴牛に入団する以前、魔導書を入

手して間もない頃、大剣(断魔)の扱うべく山

に修行に来ていた際にイノシシに追われていた

所をアスタに救われた全裸男。

アスタの心無い言葉(おっさんや加齢臭とか)

で泣きそうになったりとメンタルが弱い。

相手を口車に乗せるとき屁理屈を並べる癖があ

る。アスタいわく。

また服を脱ぐ。あるいは脱げる体質。

 

その実、ダイヤモンドの元軍師にしてアスタに

剣の使い方を教えた師匠でもある。

キャスト情報!

TVアニメでファンゼル役を演じる声優さんは

三上 哲さんです

※出演作品情報(一部抜粋)

  • THE REFLECTION アイガイ
  • デュラララ スローン
  • メタルギアソリッドⅤ オセロット

など

普段はアニメ縛りでまとめていますが、三上さ

んと言えば・・・・MG5のイメージが強かった

のでゲームキャラも取り入れてみました。

知らない人、ごめんm(__)m

アスタや暴牛との出会い

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e5%b0%8f%e8%aa%ac%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%ab
(小説”暴牛の書”より)※荒くてすまない。

こちらはブラクロ読者としてはもっとも気にな

る所かもしれませんね。

特に魔女編ではめっちゃ活躍しているキャラで

すし(・へ・)

しかし、

小説を読むの苦手!メンドイ!!

というお人も少くは無いはず。

なので、ゼルがダイヤモンド王国で何をして国

を出て行くコトになったのか?

あとアスタ達と出会うまでの経緯という所をざ

っくり書き出してみます。

 

ここからネタバレ〜

ファンゼルは魔女の森編より以前、ダイヤモン

ド王国の中枢に近い機関に所属していました。

侵略軍の指揮官としてココ数年、兵士の教育係

・・・マルスやファナ、ラドロスのような兵隊

を育成する実験計画に参加していたと思われま

す。

 

しかし、ダイヤモンド王国の非人道的なやり方

に疑問を抱いたファンゼルは同じ機関に所属し

ていた婚約者のドミナントと共に逃亡を図るの

ですが、二人はダイヤモンド王国で重要視され

ている存在だった為、強力な暗殺部隊(追手)

に追われるコトとなります。

 

重傷を負いながらも追手をなんとか撃退し、ド

ミナントを逃して追手を撒いた後に、ドミナン

トと再会すべく合流地点に足を運ぶもそこにド

ミナントの姿はありませんでした。

ドミナントを探しに行きたいが、もし無事だっ

たとしても自身が行動に出ればまた察知した追

手が動き彼女を危険に晒すかもしれない・・・

とハージ村から少し離れた山にある空き家に隠

れるように暮らしていました。

 

そこで剣の修業に来ていたアスタと出会い剣術

を教え始めて、数日が経ったある日。

空き家を訪れた元教え子のマリエラからドミナ

ントの訃報を聞かされることになります。

落ち込む中、さらに追い打ちを掛けるように信

頼していたマリエラに背後から襲われてまた重

傷を負ってしまいます。

これ見よがしに攻め込んでくる追手たち。

 

そんなピンチのファンゼルのもとに駆けつけた

のがアスタですね。

ドミナの訃報にから生きる気力を無くして追手

に討たれようという覚悟をしたファンゼルでし

たが、

※ページ89の回想

「オッサン!!生きていくのに希望なんて理由なんて無くて当たり前だんだよ!そんなもん自分で見つけてくもんだろーがっ!!」

というアスタの言葉に心を動かされて生きるこ

とを決意します。

そしてアスタと窮地を乗り切り、ファンゼルは

ドミナントが生きていると信じて彼女を探す旅

に出ます。

 

そのしばらく先、(本編の魔宮攻略の後)に闇

市でドミナが生きていること知るも、再び追手

に追われるコトになるが、アスタほか暴牛に救

われ、無事にドミナントと合流。

マリエラも含めて3人でひっそりと暮らすこと

になります。後にファナも追加でm(_ _)m

 

とこんな感じですね。

本編の回想なんかもちょっと交ぜてみました。

え、マリエラ追手では?

という部分についての補足・・・・

マリエラは実は追手に紛れてファンゼルとドミ

ナントを逃し、さらには追手達をクローバー王

国に一斉検挙させるというダイヤモンド王国に

対しての復讐計画を企てていたのですね。

実は途中でドミナントとやりとりしていたりと

水面下で繋がっていたいわゆる二重スパイ的な

ポジションだったと。

ちなみに、ファンゼルやドミナントが機関に所

属していた頃、子供を密かに逃していたという

話があるのですが、その内の一人がマリエラで

す。

またかつてヤミ団長と戦場で会ったこともある

とか。

 

ざっくり過ぎて分かりづらい所もあったかもし

れませんがそこは勘弁m(_ _)m

魔法について

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc88%e8%a9%b1%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%ab
(ブラッククローバー88話より)

続いてファンゼルの魔法について特徴なんか

も合わせてまとめていきます。

あ、ファンゼルは風魔法の使い手ですね。

 

■風創成魔法”斬風 皇(カザキリノスメラギ)”

風の渦を巻き起こす。
棒状のものに纏わせたり飛ばしたりすることも
可能。

※通称ザッキーさん

■風創成魔法”斬風 皇・凩(カザキリノスメ
ラギ
コガラシ)

無数の風の剣が出現する。
ゼル曰く、たくさんのザッキーさんを飛ばすや
つらしい。

※通称飛ぶやつ

■風創成魔法 “斬風皇・嶺渡(カザキリノスメ
ラギ・ネワタシ)”

突風を発生させて相手を吹き飛ばす魔法。

■風創成魔法 “斬風皇・疾風(カザキリノスメ
ラギ・ハヤテ)”

ファンゼルの使用出来る最高の魔法。

無数の風の刃で相手を突く。

■風拘束魔法“斬風皇・飄(カザキリノスメラ
ギ・
ツムジカゼ)”

縄状の風で相手を拘束する魔法。

以上です。

風をブロードソードに纏わせたり、風の斬撃を

飛ばして攻撃するのがゼルの戦闘スタイル。

ヤミ団長と属性は違うものの同じ魔法剣士とい

た所ですな。

なおネーミングセンスをアスタは高く評価して

いる模様(・へ・)笑

良き先生にして実力は折り紙つき?

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc89%e8%a9%b1
(ブラッククローバー89話より)

元教え子のマリエラのファンゼルに対しての態

度(一部)や原作でのマリエラの指揮っぷりな

んかを見ても分かるように、ファンゼルがかな

りの使い手だというコトが分かります。

教え子からの信頼も厚い!

また、アスタに剣術を教える以前、100人以

の生徒に教えたという経験もあり、実際に大剣

の扱いに困っていたアスタに的確なアドバイス

を与えています。

 

アスタの飲み込みの速さにゼルも驚いています

が、これはゼルのアドバイスが良かったからと

も考えられますね。

ちなみに、ゼル曰くアスタは教えてきた生徒の

中でも3本の指に入る位に優秀だそう(^^)/

 

実力についてですが、原作そして小説版でもそ

うですが、かなりの人数の敵を相手にしている

程です。

※小説版ではアスタとの連携で数十人の刺客を
撃破している。

魔導戦士として成長したラドロスにはまんまと

やられてしまいましたが、それでも一端の魔道

士では相手にならない位の実力を有していると

見て良さそうですね。

元とは言え、ダイヤモンド王国の侵略軍の指揮

官を務めていたというのは伊達じゃあありませ

ん。

スポンサードリンク

ちょこっとまとめ!

話が進むにつれて活躍する機会が減っていま

すが、風属性の使い手の強キャラであること

に違いはないでしょう。

アスタの師匠の一人として・・・・また誰も

あまり得しない露出&バイオレンス(される

側)キャラとして!

スペード編でダイヤの生き残りたちと共にま

た再登場して頂きたい(・∀・)

 

いやホントに小説が本編にここまで繋がるの

は予想外でしたわ。

まあ小説と言ってもかなり読みやすい部類だ

と思いますので、気になっているというお人

は是非。

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です