ブラッククローバー

ブラッククローバー転生魔法の対象者(エルフ)まとめ!結構多い?

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

いつかまとめたい。と思っていた!

が気づいたら結構登場していたエルフ達。

未だ見ぬエルフもおると言うのに、モブいヤツ

も入れると中々に増えてるという事態!!

若干手遅れ感もありますが・・・・今後何か役

立つかもしれないので、ザーッとですがエルフ

達、転生した魔道士達についてまとめていきま

す。※ネタバレあり!!

スポンサードリンク

セフィラの徒

■リヒト


(ブラッククローバー148話より)

数百年前に存在した高魔力保持種・エルフ族の

長。

アスタの持つ魔導書の元持ち主(四つ葉時)で

剣魔法」の使い手。

完成した転生魔法によって他のエルフたちと同

じく目を覚ますも、かつて発動した最上級禁術

魔法発動の反動から序〜中盤は半覚醒(ぼんや

り)状態にある。

終盤、初代魔法帝・ルミエルと共にやってきた

ネロ(セクレ)の封緘魔法で完全に覚醒し、す

べての元凶である悪魔を前にアスタ達と共闘す

る。

エルフの秘奥義”究極魔法”の使い手でもある。

 

■ヴァンジャンス=パトリ


(ブラッククローバー149話より)

リヒトに似た人間・ヴァンジャンスの中に転生

したエルフの青年。

四つ葉の魔導書を持つ「光魔法」の使い手。

リヒトの名を名乗り白夜の魔眼を結成し、かつ

て自身たちを滅ぼした人間に復讐、エルフ族を

復活させるべく魔石を集めて転生魔法を完成さ

せた後、体をシェアしていたヴァンジャンスか

ら体の主導権を譲り受ける。

 

影の王宮にて過去のエルフ襲撃の黒幕の悪魔・

ザグレドと遭遇、リヒトの本心を聞かされて絶

望し、ダークエルフへと変貌を遂げてアスタ達

と戦うコトになる。

※魔法は光→魔光魔法へ

しかし、後に現れたノゼル団長に打ち負かされ

、さらに心の奥に入って来たアスタのお説教に

心を動かされて打倒悪魔を掲げ、アスタ達に協

力を求める。

ちなみに魔導書はダーク化した際に五つ葉の魔

導書に変化し、ザグレドが自身の魔導書として

所有していた。

 

ザグレド撃破後は、エルフたちの魂を眠りにつ

かせる為、また事を荒立てた償いとしてヴァン

ジャンスへ体の主導権を返して、リヒトほかエ

ルフたちと共に昇天しようとするもラデスの屍

霊魔法によって現世に留まるコトになってしま

う。

そして経緯は違えど同じく昇天出来ずにいたラ

イア、ファナ、ヴェットたちとクローバー王国

を離れてハート王国奥地のさらに奥にある強魔

地帯にある秘境・エリシュアにリヒトの子孫等

とともに身を置いている。

エリシュアの護り神からの神託を受けて三極性

と戦うノエル達を救い、究極魔法を伝授する。

 

■ライア


(ブラッククローバー152話より)

かつてのリヒトの取り巻きの一人であり、パト

リが最初に復活させた三人のエルフ(三魔眼

の一人。

他者の魔導書に触れて魔法を模倣する「模倣魔

法(同時発動可能)」の使い手。

影の王宮内にてユノの持つ魔石を奪うべく並び

立つエルフ・ロンネの嘘にいち早く気づいて警

戒するも間に合わず、ロンネの中に潜む悪魔・

ザグレドに致命的なダメージを与えられて退場

状態になる。

 

ザグレド撃破後。

二度目の転生によって魂が体に定着してしまっ

ている為に昇天出来ず、昇天するリヒトほかエ

ルフたちを見送る。

以降はパトリと同じ。

 

■ファナ&ヴェット


(ブラッククローバー182話より)

サリーさんの研究によって創られた複製体とし

て復活。

齢15程の姿となっている。

また邪眼の影響、邪心が以前より弱くなってい

て頭がスッキリしている模様。

影の王宮にてファナはノエル&ジャック団長と

ヴェットはアネゴレオン様と交戦。

 

ヴェットはアネゴにKOされるが、ファナは回

復オバケとして二人を相手に善戦する。

しかし、途中ザグレドの発動した冥府の魔法に

よって混乱状態となり、決着つかぬまま騎士団

と共に協力して影の王宮からの脱出を図る。

 

ザグレド撃破後は上に同じくm(_ _)m

 

■ドロシー団長=レーヴ


(ブラッククローバー183話より)

夢魔法を以って、爆進する牛ロボの勢いを食い

止め、さらに守備・センサー・魔力供給の要と

なる一部の暴牛団員+サリーさんを夢の世界へ

と引き込み交戦。

 

術者が想像したものが具現化する幻惑の界(グ

ラマーワールド)の力を発揮し、優位に立つも

サリーさんの機転によって具現化した本来の体

の持ち主・ドロシーおねえさんと激しいバトル

を繰り広げ、幻惑の界がパンク。

現実世界に放り出されたマグナとラックによっ

てとどめを刺されてしまう。

 

■リル団長=リラ


(ブラッククローバー191話より)

おかっぱ頭の少年エルフ。

エルフ(人)懐っこい性格でライアにじゃれつ

いている姿も。

魔法は、リル団長の「絵画魔法」のそれで、リ

ラの時代でいう所の「らくがき魔法」。

 

影の王宮内にてアスタ&ミモザと対決、さらに

乱入してきたチャーさんをリタイア目前にまで

追い込む。

しかし、追い込まれたコトをきっかけにドワー

フの血に覚醒めたチャーさんによる激しい反撃

を受ける。

 

■ゴーシュ・アドレイ=ドロワ


(ブラッククローバー181話より)

転生後、暴牛アジトにて軽く暴れた後に姿を消

す。

ゴーシュの創り出す鏡魔法よりちょっと鏡の縁

が豪華になっている気がしないでもない。

王都にてアスタやヘンリー達と交戦し、辛くも

敗北。

アスタの反魔法の効果に意味深な言葉を残す。

 

■マリー・アドレイ=エクラ

ゴーシュの妹。転生後はゴーシュ(ドロワ)と

共に魔宮に乗り込んでいる。

瞳を見たものを束縛する「瞳魔法」を使い、ド

ロワと共にアスタ達の前に立ちはだかる。

 

■カイゼル団長=??


(ブラッククローバー191話より)

”王国最強の盾”と称される「渦魔法」の力を以

ってフエゴ団長の前に立ちはだかり、精霊魔法

・サラマンダーをも圧倒するが、サラマンダー

を囮にするという機転を利かせたフエゴ団長の

行動によって生まれた隙を付かれ、強烈な一撃

を叩き込まれる。

 

■??=ロンネ=悪魔


(ブラッククローバー195話より)

パトリ、ライアと共にユノの前に現れ「入れ

え魔法」を使い、ペンダント(魔石)を奪った

かのように見えたが・・・・

入れ替え魔法と思われていた魔法はロンネの中

に潜むザグレドの「言霊魔法」によって再現さ

れたもの。

 

ザグレドは自身の肉体を冥府より召喚する為に

ロンネに潜み、最後の魔石を手にする時を待っ

ていた。

受肉に成功した後、パトリを絶望の底へと追い

やって五つ葉の魔導書を創り出し、体と魔導書

を得たザグレドは、現世へ出るべく影の王宮出

口を目指す。

 

主力級!?

■ユノ=??(リヒトの子)


(ブラッククローバー155話より)

転生は成功しているもののエルフとしての自我

が覚醒めていない様子。

内に宿るエルフの正体はリヒトと初代魔法帝の

妹・テティアの子供の一人。

ザグレドとの戦いを前にいっそうエルフとして

の力を覚醒めさせる。

 

■シャーロット団長=シャルラ


(ブラッククローバー168話より)

王都にて「紅い茨魔法」をもってヤミ団長の前

に立ちはだかるお姉さんエルフ。

シャーロット団長が幼少時代に受けた呪いの力

を開放してヤミ団長と交戦。

 

互いに全力の魔法をぶつけ合い、決着つかぬま

ま敗北した仲間のエルフを連れてその場を後に

する。

弟はラックの中に潜むエルフ・ルフル。

バヴァル(ダヴィド)を追って影の王宮へと単

身で乗り込んでおり、ザグレドの姿を目の当た

りにしてヤミ団長と共闘&いちゃついてる。

別名「アナザートゲツン女王」。

スポンサードリンク

転生魔法の対象となった魔道士。


(ブラッククローバー157話より)

右手前から・・・

 

■ラック=ルフル

単身で平界の街を襲い、マグナ&バネッサと交

戦。

ラックを上回る強力な「雷魔法」を纏い、後に

参戦したアスタを含めた三人を翻弄するも最終

的に三人の連携と必死の説得によって敗北。

笑顔を浮かべ昇天する。

シャーロット団長の中にいるエルフ・シャルラ

の弟。

 

ラックの欠落した感情を引き出すきっかけとも

なったバトルでもありますね。

 

■シレン・ティウム=??

金色の夜明け団に所属する「岩石魔法」の使い

手。

魔眼(エルフ)のアジトとなるグラビド岩石帯

に舵を取り付け、移動要塞化させる。

 

■ベン・ベンファンク=??

紅蓮の獅子王団に所属する「銅(あかがね)

」の使い手。

王撰騎士団選出試験ではユノチームに瞬殺され

るが、それまでの活躍が評価されて王撰騎士団

の一員となれたらしい。

 

■ニルス・ラグス=??

銀翼の大鷲団に所属する「氷魔法」の使い手。

王撰騎士団選出試験時はリル団長のチームで出

場していた。

 

続けて。


(ブラッククローバー157話より)

右から・・・

※リラは上記。

 

■フラギル・トルメンタ=??

水色の幻鹿団に所属する「雪魔法」の使い手。

雪魔法”幻雪の箱庭”でメレオ団長の感覚を鈍ら

せ仲間をサポートする。

 

■ルベン・ジャガー=ロッサ

紅蓮の獅子王団に所属する「砂岩魔法」の使い

手。

仲間のサポートの下、アネゴレオンさまに立ち

向かうがあまりの気迫を前に怯んでしまう。

 

■プーリ・エンジェル=??

碧の野薔薇団に所属する「翼魔法」の使い手。

翼魔法”天使の魔翼”贈でライア他、仲間のエル

フ達に翼(機動力&攻撃可)を与える。

 

ちなみに、クラウスとハモンはミモザを磔にす

る等の行為に及んだ後、やってきたアスタと半

覚醒状態のユノと戦いダウンします。

スポンサードリンク

魔法帝側近・直属


(ブラッククローバー168話より)

■マルクス&オーヴェン=??

ユリウスがパトリに討たれる所を目の当たりに

し、医者であるオーヴェンを呼びに行くもエル

フ化して戻ってきた男、ザ・マルクス!笑

同じくエルフ化したオーヴェンとタッグを組み

「記憶魔法」と「回復魔法」を以ってヤミ団長

に戦いを挑むが敗北、後にシャルラによって回

収される。

 

■コブ=アド

魔法帝直属の「空間魔法」の使い手。

しれっとエルフ化して、空間魔法で仲間のエル

フをアジトの一室に導いている。

その後は、ライアからユノを連れ帰るよう言わ

れるも返り討ちにあった模様。(描写なし)

 

魔宮外のエルフ!(金色ほか)

■ランギルス副団長=ラトリ


(ブラッククローバー179話より)

王撰騎士団選出試験後に事情聴取を行うと連行

されて以降しばらくの間、監禁されていたがパ

トリが転生魔法を完成させたことで、エルフと

して登場!

エルフと化した金色の夜明け団を引き連れて王

城を強襲、クローバー王(余)を追い詰めるも

救出に来たフィンラルとヤミ団長&ジャック団

長と交戦し三人の連携によって敗北する。

パトリの従兄弟らしい。

 

■レトゥア・ベクレル=キヴン


(ブラッククローバー174話より)

ラトリと共にエルフ化した金色の夜明けを率い

て王城に攻め込んだ「羅針盤魔法」の使い手。

眼鏡を掛けたインテリアな雰囲気漂う女性。

シルヴァ邸へ乗り込み、ソリド&ネブラを仕留

める寸前に現れたノエルとノゼル団長と交戦。

ノゼル団長に深手を負わせるも新たな魔法を発

現したノエルに討たれる。

 

■ダヴィド・スワロー=バヴァル


(ブラッククローバー179話より)

ラトリと共にエルフ化した金色の夜明けを率い

て王城に攻め込んだ内の一人で「ダイス魔法

の使い手。

ヴァーミリオン邸にてミモザ・キルシュ・エン

さんと交戦。

しかし、戦闘を繰り広げるコトは無く影の王宮

の情報だけをボロボロ漏らした後、影の王宮へ

と乗り込む。

影の王宮内で倒れている所をミモザとアスタが

発見する。

元々ザグレドが取り憑いていた。

 

■アレクドラ・サンドラー=??

ダヴィドと共にヴァーミリオン邸を襲撃するが

ミモザ達の連携にハマってしまう。

その後、影の王宮外に金色のエルフ達を引き連

れ再登場し暴牛一行と交戦する。

 

■ジギト・タリス=??


(ブラッククローバー160より)

ハージ村を襲撃していた紫苑の鯱団に所属する

毒草魔法」の使い手。

駆けつけたアスタとユノによって(主にユノ)

討ち取られ、正気を取り戻した後にユノと共に

王都を目指す。

アスタが入手した滅魔の剣の力のお披露目相手

、あと魔宮を出て最初に戦ったエルフでもあり

ますね。

 

■ザクス・リューグナー副団長ほか。


(ブラッククローバー165話より)

紫苑の鯱の副団長率いる噛ませエルフトリオ!

左:珊瑚の孔雀の「土魔法」の使い手。
右:碧の野薔薇の「水魔法」の使い手。

平界随一の町・ヘカイロを襲撃中、王都を目指

す暴れ牛号に乗ったアスタ達に出くわし、超絶

連携攻撃を受けて敗北する。

 

■ランドール副団長=??


(ブラッククローバー170話より)

紅蓮の獅子王団の副団長を務める男。

紅蓮の団員達を「空気魔法」で圧倒するが、途

中サラマンダーを連れて復活を遂げたフエゴ団

長によって瞬殺される。

 

■水魔法使いの濃い顔エルフ。

ポイゾット&レブチを襲うが、透過×魔力を封

じる鎖、二人の連携によってあっけなく拘束さ

れる。

 

以上。

他にもいますが、私の印象に残ってるエルフ

はこれくらいすかね。

スポンサードリンク

まとめ

エルフ戦で何が厄介かと言うと味方がパワーア

ップして敵になってしまうという所すね。

戦力減るは敵は増えるは・・・・

一人一人が強い上に団長が対一でも手こずると

いう。

エルフ、ヤバス。

ただ仲間になるとくそ頼もしい\(^o^)/

まだエルフ編以降も活躍するエルフもいるので

再登場や活躍に注目ですね。

エルフ編はホントに盛り上がった!!

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です