ブラッククローバー

ブラッククローバー151話見所&感想!152話注目ポイントチェックも

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

転生の対象は騎士団員だけに留まらず、団長

までもがエルフ化!

物語が進むにつれて悪化する戦況。

不利すぎる現状をどう打開するのか?転生を

解除するコトは可能なの!?

ここ最近は特に目が離せない展開が続くぜ!

もちろん今回もね。

では早速に今回第151話の見所おさらい&感

想、次回(152話)の注目ポイントをチェッ

クしていきます。

※ネタバレ注意!!

スポンサードリンク

151話見所おさらい&感想!

まず今回151話の見所おさらい&感想から!

今回『ページ151:圧倒的劣勢』の見所とな

ったのは・・・

■反魔法効かず!?

■3人のエルフの援軍。そして…

ハイ。

今回は前回150話の続き、アスタチームサイ

ドに動きがありました。

魔眼決戦編突入以降、ほぼ空気だったゾラさ

んも活躍!アスタをサポートするが・・・

タイトルからダイレクトに伝わる戦局。

作画に現れてしまう田畠氏の忙しさ(作画が

荒れ気味)。

とやんわり内容に触れた所で、今回151話の

感想を書いていきます。

151話感想!!

絵画魔法”四つ首のリンドヴルム”を発動して

飛び入り参戦したリル団長・・・の姿をした

リラと呼ばれるエルフ。

ライアとの久々の再開を喜び、飛びついて頬

を擦りあてる。

性格はリル団長と変わらず懐っこい(^^)

自身の魔法の名前が変わっている・・・とか

ライアと他愛もない会話をするリラ団長に状

況を説明するアスタ(エルフ化に気づいてい

ない)。

そんなアスタを横目で見つつ、自分はリルで

はなく「リラ」であると話す。


(ブラッククローバー134話より)

左手前から2番目、ゴーシュっぽいエルフの

隣に座る少年すね。

 

(ここから作画が…)

リル団長に起こった異変に状況が飲み込めず

にテンパり気味のアスタ。

ゾラさんとメレオ団長は、リル団長やライア

の様子から二人に起こった変化が洗脳ではな

く、中身が別の者に変わったなど推測する。

 

一方、アスタはしらばっくれるんじゃあない

!と言わんばかりにリル団長との関係を必死

に説明する・・・

が、そのアスタに冷ややかな視線を送り、

「僕に人間の友達なんていない」

と言い放ち、静止していた絵画魔法”四つ首

のリンドヴルム”を操り攻撃を開始する。

四ツの頭がそれぞれ放つ「火・水・雷・毒」

四属性の魔法を捌きつつ、アスタにリル団長

の状態を説明して反魔法をブチかませと言う

ほぼ空気ゾラさん。

 

早速に動き出すアスタ。と同時にライアも出

撃!!

そのライアを見て、ゾラさんが辺り一帯に仕

掛けていた灰罠魔法を全発動!!

メレオ団長とライアの戦い時にしれっと仕掛

けよった。

空気とか言ってスンマソンm(_ _)m

 

辺り一帯に広がる灰魔法(麻痺系)に包まれ

るライア&リラ&リンドヴルム。

しかし効果はイマイチ、目眩まし程度に扱わ

れ、灰魔法の中を進むライアと魔力感知出来

るから問題ないと余裕のリラ。

・・・の一瞬の隙を付いて灰魔法より反魔法

モードで飛び出すアスタ。

リンドヴルムを灰魔法もろとも無効化!!

そのままリラに斬りかかりエルフ化の解除を

狙う。

幻竜ヴィーヴル()を出現させ後退するリ

ラでしたが、ギリの所で躱しきれず、浅いな

がらもアスタの一撃がヒットしてしまう。

※王撰騎士団選抜試験決勝(ユノ戦)で見せ
た魔法。

 

反魔法の一撃を受けて早々にリル団長のエル

フ化が解除・・・

せず!?

あれ(´・ω・`)

普通に痛がっているだけのリラ。

遂に反魔法が効かへん敵が出てきよった(手

汗)

その理由がすぐにライアの口から語られる。

転生魔法は、エルフの魂を人間の身体に宿す

魔法で、魂を宿す術は既に終えていると。

つまり現状、エルフ化している団員・団長は

仮の存在ではなく、(心・体共に)オリジナ

ルのエルフになっている為、解除するとかそ

ういう問題では無いということですね。

恐らく

※間違っていたらごめんなさm(_ _)m

 

ライアの説明によって状況が見えてきたアス

タ。

の後ろからフラギル、ブーリ、頬骨が特徴的

な人(ルベンさん?)の元リルチームの3人

がエルフ化した姿で参戦!!

動揺するアスタとゾラさん。沈黙を貫くメレ

オ団長。

団員達を救う手段は思い浮かばない、さらに

仲間を始末する覚悟もない・・・

どうすることも出来ない圧倒的不利な状況に

一時撤退を提案するゾラさん。

流石のアスタもこれには納得。

エスケープを決め込むコトが決定したアスタ

達にライアとリラが追い打ちをかけるべく魔

法を発動。

 

ここでようやく口を開いたメレオ団長。

「…甘ちゃん共が」

と言って、後方の壁を破壊しその穴の向こう

へ二人を放り出す。

続けて開いた穴の上部を破壊して穴を塞ぎ、

振り向かず

「先に帰ってろ 莫迦者共」

とか。

男子が一度は言ってみたい「俺に任せて先に

行け」的な台詞を口にするメレオ団長。

・・・やだ。かっこいい(*´ェ`*)

 

5対1。

二人を逃したメレオ団長に仲間想いだねと言

うライアの言葉を否定し、不敵に笑みを浮か

べて自身が全員始末してやる・・・

とメレオ団長が宣言した所で今回はおしまい

(^^)/

 

いくらメレオ団長が激ツヨであり、もし奥の

手があったとしても流石に厳しそうですな。

中々にいろんな意味で魅力的なキャラでもあ

るのでリタイア(ユリウスの二の舞い)パタ

ーンだけは勘弁して下されマジでm(_ _)m

次回注目ポイントチェック!(予想)

前回の予想はスカり。ミモザチームサイドに

動き無し!当たらない予想(´・ω・`)

しかしめげずに続ける。次回注目ポイントチ

ェックコーナー!!

次回152話の注目ポイントは・・・

懲りずに『ミモザチームサイドの状況』とま

たまた見てみたいという願望を前に推したい

所ですが、今回はあえての


(ブラッククローバー135話より)

『前髪団長サイドの状況』

メレオ団長のバトルは一旦置いて、逃された

アスタとゾラのその後、そしてアジト突入か

らあまりスポットライトが当たっていない王

族の一人ノゼル団長サイドへ─

という感じに予想します。

 

改めて考えるとアスタサイドやノエルサイド

の状況は描かれているにも関わらず、ノゼル

団長チームの状況はまだ描かれていません。

ミモザサイドはゴリッと核心に迫るでしょう

し、その前に先にこっちかな?とか安易な考

えで切り替えました^^;

ノゼル団長チームも二人は(エンさんは不明

)エルフ化してたっぽいですが。

他チームが圧される中、意外に一人ないし二

人でエルフ圧倒していたり・・・なんて展開

に期待です。

※予想というよりただの願望ありきの想像を
書いてるだけになりつつありますが、勘弁で
すm(_ _)m

[ad#ad-1]

まとめ

・151話の見所は『反魔法効かず!?』『3人
のエルフの援軍。そして…
』。

・次回152話注目ポイントは『ノゼル団長の
状況』(予想)

エルフと化した団員・団長等を戻す術・・・

ファナの例から考えるとありそうですけど、

以前よりエルフ化が進んでいるので、戻すと

なるとかなり厳しそうですね。

出来れば団員・団長共に欠けることなく正気

を取り戻して貰いたい所です。

さらに贅沢言うと、過去に受けた仕打ちを考

慮してエルフ達にも納得の行くような展開を

迎えてほしいっす。

ってその辺の心配はまだ先の話ですね。

まずは次回に注目です(^o^)/

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です