ブラッククローバー

ブラッククローバー293話見所&感想!294話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

ゾラの下で半年間かけて創りあげた一度限りの

裏(炎)魔法を発動したマグナが超超格上相手

のダンテおじの顔面に強烈な一撃を叩き込んだ

所で幕を下ろした前回!

続く今回は、ヤンキーと変態おじさんの戦いに

決着!?ダンテおじ、いや・・・・マグナがと

うとうやらかした!

一週開いてこんにちはm(__)m

最新話第293話の見所おさらい&感想ほか次回

294話の注目ポイントチェック(予想)してい

きます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

293話見所おさらい&感想!

まずは今回『293:理不尽をぶん殴る

の見所おさらいから!

  • スペックの差
  • ジャイアントキリング!

この辺りですかね。

では、ここからは見所を掘りつつ感想を書いて

いきます。

スペックの差

身に覚えのある魔力を目指してスペード城内を

掛ける稲妻─────

 

その先では・・・・

ノーハンドでその場に立ち上がりつつ、重力魔

法で瓦礫攻撃+瓦礫を圧縮した剣を手にメリケ

ンサック装備のマグナと撃ち合いを始めるガチ

おこのダンテおじ。

 

例え威力が同じであろうともダンテおじは再生

し、マグナはダメージを受けるといったいわゆ

るジリ貧状態。

所詮は下民。

自身を満足させられる相手ではない・・・・

そんなふうにマグナを罵るダンテおじ。

 

無論、それは百も承知。

貴族でも王族でもなく、またエルフ転生以降ど

んどん強くなっていくラックでもなければ、反

魔法を持つアスタでもない。

 

ただ────

 

マグナが思い出すはハート王国での修行にハジ

かれて帰還した直後のアジト内でのヤミ団長と

のやりとり。

 

自身をなぜ暴牛に入団させてくれたのか?

 

とヤミ団長に問うマグナ。

深刻な表情のマグナとは対照的に趣味が合いそ

うだったから?とか新聞を読みながら適当な感

じに答えるヤミ団長。

だったが、

その後、マグナの方へと目を向けてさらにもう

一言。

あとマグナが一番根性がありそうだったから。

と続ける────

 

ただ、根性だけでは絶対負けない。

負けられない!!

ヤミ団長の期待に応えるべく、ダンテおじの言

葉を真っ向から否定して再びダンテおじと殴り

殴られのやりとりを繰り広げるマグナ。

そして、ダンテおじに猛ラッシュを入れるマグ

ナだった────のだが!?

 

〜感想〜

マグナを暴牛へと引き入れた理由がヤミ団長ら

しいですな。

趣味は・・・合いそう。というか合っている。

ギャンブル。笑

 

してマグナとダンテおじのバトル。

魔力量が同じだったとしてもダンテおじには肉

体魔法による再生が出来るんすよね(・へ・)

おまけにマグナには、ダンテおじを一撃で木っ

端微塵に出来るような魔法が無い!!

 

まあ既に三極性相手に十分過ぎる位に健闘して

いるワケですが・・・・

●こと重力魔法”重力特異点”なんか発動された

ら流石にヤバげですね。

重力特異点は以前、80%とかで発動してたので

今の状態だと無理なのかしら(゚A゚;)ゴクリ

 

続く───

ジャイアントキリング!

マグナのラッシュを抜けて、お返しと言わんば

かりの強烈な一撃をマグナの顔面に叩き込むダ

ンテおじ────

 

分かったか?

 

再生を終え、これが格の違いよ?とでも言わん

ばかりに満面の笑みを浮かべて、限界が迫りフ

ラつくマグナにトドメの拳を放つダンテおじ。

 

しかし、ここでまさかの展開!!!

 

あれ?

 

突如として完全に解除されるダンテおじの纏う

悪魔の力。

またマグナが何かしでかしたと疑うダンテおじ

・・・・と、ほくそ笑むマグナ。

はい。

 

何もしていませんm(__)m

 

ダンテおじの悪魔の力が完全に解除された理由

は・・・・

単なる魔力切れ(・へ・)

これまで同等の魔力を持つ相手と戦ったコトも

無ければ、魔力切れなども経験したことのない

ダンテおじは如何に自分が大量の魔力を消費し

ていたのか気づく所か考えたコトも無かったで

あろうという指摘するマグナ。

 

言われてルチフェロとの交信が途絶えたコトに

気づく。

 

そして、魔法が使えなくなるという未だ経験し

たコトのない出来事に不安、困惑するダンテお

じ。

動揺隠せぬままマグナへ殴りかかるも見る影は

なく、同じく拳を繰り出すマグナとのクロスカ

ウンターでフィニッシュ!

 

すると、タイミング良く駆けつけたアスタとラ

ック。ナハト副団長も。


(ブラッククローバー293話より)

その光景を目にして驚きを隠せないといった表

情をする二人の目線の先には・・・・

 

倒れゆくダンテおじ。と、その側で勝利の咆哮

をあげるマグナの姿────

 

〜感想〜

まさかの魔力切れという展開。

魔力量にかまけて魔力の残量も把握していない

という・・・・盲点をついた根性勝ちというか

庶民派というか。

少ない魔力でやりくりして来たからこそ辿り着

いたマグナらしい勝ち方と言えそうですね。

というか

 

まじかよ。笑

 

ジャイアントキリングが過ぎる。

マグナがダンテおじを倒す流れなど誰が予想出

来ようか!!!

魔力量=力ではないってコトが証明された回で

もありましたね。

 

今回のダンテおじを見る限りもう再起は無理?

な気がする。

ルチフェロに見限られるカウントダウンか?

となると・・・・ダンテおじに代わるゾグラテ

ィスの未だ見ぬきょうだい登場の予感(゚A゚;)

マグナの戦いはホントに熱かった。

終───

スポンサードリンク

次回注目ポイントチェック!(予想)

今回は、劣勢に立たされたダンテおじがいよい

よガチギレしてマグナと撃ち合いを繰り広げた

末に、鎖をぶち切るという展開予想から注目ポ

イントを・・・・

「魂の鎖!」

と予想していましたが、結果的にはスカる!!

 

まさかダンテおじを倒すまであるとは(゚A゚;)

 

予想はハズレたけど、なんかスッキリしたぜ。

では続いて次回の注目ポイントをチェックして

いきます。

今回もヒントとなりそげな次号予告は掲載され

てないので、私の当たらない注目ポイント&展

開予想を書いていきますm(__)m

次回「ページ294」の注目ポイントは・・・・


(ブラッククローバー280話より)

リベンジ・ヴァニカ嬢!

と予想!!

 

展開予想はこう。

ダンテおじ、撃破────!!!

 

マグナの下へと駆け寄るラックとアスタ。

そして、久々の再会と勝利に和気あいあいとし

た空気が流れる中、ナハト副団長とジャック団

長も参戦。

めちゃくそもてはやされるマグナ。

 

残す三極性は二人。

急ごうと勝利の余韻に浸るのも程々に次の行動

に移らんとするナハト副団長。

そんなナハト副団長にヴァニカ嬢のコトなら大

丈夫だと言うラック。

 

一方、そのヴァニカ嬢の下で防戦一方を強いら

れるシャーロット団長とリル団長の姿。

二人に限界が迫りつつある中・・・・ノエルと

ガジャさんが颯爽乱入!!!

 

ペチカ王女を返しなされ─────

 

はい。

二度目のダウンもらったダンテおじの話を一旦

締めて、話はヴァニカ嬢もとい、ノエルサイド

に移行するといった展開予想です。

ユノは一番大丈夫だろうな考えm(__)m

スポンサードリンク

まとめ

・今回293話の見所は「スペックの差」「ジャイアントキリング!」。

・次回294話の注目ポイントは「リベンジ・ヴァニカ嬢!」と予想!

ここからどうなるかですね。

ダンテおじはもう面目丸潰れすから再起はない

と見て・・・・ほかの二人+αで立て直すのか

、三極性を切り捨てて冥府の悪魔たちとの戦い

がメインとなるのか。

 

まだ暴牛の団員たちや究極魔法組の力も温存さ

れている状態にあるので、このままヤミ団長と

ヴァンジャンス団長奪還&冥府の門破壊という

ハッピーエンドにはならないハズ!!

なったらなったである意味話題にはなりそうで

すが。やめて笑

 

皆に見せ場を(・へ・)

 

さて。

次回はどこにお話が飛ぶのか?

どこに飛んでも、どう転んでも面白くなりそう

ではありますね(^^)

ヴァニカ嬢サイドに飛ぶと予想しましたが、果

たして・・・・

いずれにしても次も楽しみにしています。

こんな記事もよく見られています♫: