ブラッククローバー

ブラッククローバー258話見所&感想!259話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

本来の肉体魔法に悪魔の力が付与されて不死状

態というダンテを討つべく、ヤミ団長と復活を

遂げたアスタの師弟コンビが並び立つ!

といった所で幕を下ろした前回。

続く今回は、反魔法の悪魔との対話の末にアス

タが覚醒!!?

反魔法の悪魔よ・・・・オラに力を!!えっ。

最新話第258話の見所おさらい&感想ほか次回

259話の注目ポイントチェック(予想)してい

きます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

258話見所おさらい&感想!

まずは今回『ページ258:黒の誓い』の見所おさ

らいから!!

  • 師弟、連携!!
  • 悪魔の取引…

メインは後者(後半)すかね。

では上記見所を掘りつつ、感想を書いていきま

す。

師弟、連携!!

満身創痍の状態でありながらもまだ足掻こうと

いうヤミ団長とアスタの姿を目にして期待に胸

を膨らませるダンテ───

 

対するアスタとヤミ団長は荒くなった呼吸を整

え、ダンテを目指して飛び出す!!

 

そんな二人を迎え撃つべく隆起させた地面、大

岩を用いた攻撃を繰り出すダンテ。

その岩の隙間を縫うように接近、ダンテの腕を

斬り裂くヤミ団長!!

これに続くように断魔を振りかざして攻撃を仕

掛けようとするアスタだったが・・・・眼前に

迫るダンテのグーパン!

 

回避、間に合わず!?

 

といったギリの所をヤミ団長がアスタを蹴り飛

ばして強制回避。

すぐさま体勢を立て直して迫るアスタの断魔が

ダンテを捉えたかに思えたが、例の瞬間移動的

な力によって回避するダンテ。

しかし移動した先を狙うヤミ団長の”死突”が炸

裂!!

 

身体の再生を前にダンテを斬りに向かうアスタ

だったが、ダンテの再生速度がやや上。

再生したダンテによって殴り飛ばされてしまう

もダメージ弱。

再び体勢を立て直してヤミ団長と共にダンテと

の距離を詰めるべく進むアスタ。

 

その途中、アスタの反魔法による一撃に期待す

るヤミ団長と、自身がヤミ団長のサポートあり

きで何とか戦いに着いて行けていると自覚する

アスタ。

 

半年の修行の成果が全く通じない相手を前に突

きつけられる厳しい現実。

 

もはやこうなっては、自身の中にある未知の力

を全て使う位じゃあないと・・・・

なあ見てるんだろ───


(ブラッククローバー258話より)

悪魔!!!

そんなふうに内に潜む悪魔に語りかけるアスタ

の前に(精神世界で)姿を現す悪魔───

 

〜感想〜

ふむ。

ゴリゴリのバトルから力及ばずのアスタが遂に

自らの意志で内なる悪魔に語りかけるという展

開となりました。

既視感というか岸本先生というか。案の定の

NARUTOな感じです(・へ・)

 

が、そこはよい。

変態紳士ダンテおじを倒すにはアスタと反魔法

が必須となると、反魔法で魔力供給源を断つと

か悪魔との繋がりを断ち切るみたいな形になる

んでしょうか。

冥域が悪魔を倒す可能性を秘めているとは言え

ヤミ団長でも敵わず・・・・まあダンテの能力

が異常過ぎるというのもあるでしょうけど。

なんというか、冥域の中でもさらに一握りの存

在でなければトドメを刺すには至らないという

印象です。

 

悪魔(憑き)を全て撃破するのにアスタが必要

不可欠な存在となるのもそれはそれで熱いかも

ですが、個人的にはノエルやユノといった一部

の零域も冥域に成り得る、あるいは悪魔を倒す

可能性を秘めていてアスタ無く独自にリベンジ

をして頂きたいですけど・・・・m(_ _)m

 

続く───

悪魔の取引…

悪魔を前にして、かつて(魔女の森)対話した

時とは雰囲気が違うというアスタ───

 

そしてダンテに打ちのめされた際に伝わって来

た悪魔の怒りの感情から悪魔もまたダンテ(ル

チフェロ)を倒したいんだろ?

と問い、続けて悪魔との今後の関係を望み力を

貸して欲しいと頼むアスタ。

 

ここでようやく反応する悪魔。

 

ゲゲゲと笑った後、悪魔の真の力を分けてやる

とあっさり承諾。

ただし!!

このままじゃあ無理。相応の代価が必要と言い

その代価として体の一部を貰おうとアスタに取

引を持ちかける悪魔。

 

躊躇いを見せるもアスタの答えは一つ!!!

 

たとえ悪魔になったとしてもどんなものに手を

出しても限界を超えなければいけない・・・・

ヤミ団長が口にしたアスタに対する信頼の言葉

はそれだけ大きかった。

だいいちにここで何も出来ないようなヤツが魔

法帝になれるわけがない。

 

その前に、まずヤミ団長の信頼に答えられる人

間(ヤツ)になりたい!!!

 

リスクを顧みずそう答えるアスタ。

取引成立。

いいだろう・・・くれてやる!!

という悪魔の言葉を聞いた所で現実世界へ。

 

大笑いするダンテの前に展開される重力特異点

、さらにはダンテを斬り飛ばすアスタの一撃!

 

これが今のオレの全部だ────!!!!

 

〜感想〜

いつもどおりの右半身のみブラック化状態なが

ら角はザグレド戦時と同じく二本!!

腕の形は、ぼんやり感なくハッキリしてきてる

んすけど・・・・ひょろダサくなった笑

契約を結んだコトによってほんのり変化したビ

ジュアルに加えてアスタの力が、リヒトの剣魔

法の如く剣の力がさらに増しているのか?全く

別物の力が覚醒めているのか?

ここは注目したい所です\(^o^)/

 

しかし、体の一部を頂くという所が何とも悪魔

らしいですわね(∩´﹏`∩)

ダンテおじやゼノン兄貴も契約の際にそういっ

たやりとりをしているのかしら?

ヴァニカ嬢なんかは右目がイッてそうですが。

ただ、アスタと反魔法の悪魔は別世界間でやり

とりしているワケでは無いような話なので、三

極性と悪魔の関係を比較の対象にするのはちと

違う気もしますけど。

 

そして、アスタの言う悪魔の雰囲気が以前と変

わったという話やダンテ及びルチフェロに思う

所あるような何かを匂わせる部分なんかも見ら

れましたね。

因縁じみたもの・・・・まるで前回敗北した一

件とは別に、もっと古く、遥か昔から恨みを持

っているように感じましたが果たして(・へ・)

 

何にしてもようやく反魔法の悪魔の謎が明かさ

れ始めそうですね。

というか、アスタの中の悪魔を反魔法の悪魔っ

て私は散々呼んで来たけどそれすら怪しい気が

してきた今日このごろ・・・・

 

おわり。

[ad#ad-1]

次回注目ポイントチェック!(予想)

今回は、アスタとヤミ団長の魔法剣士コンビが

連携でザックザクダンテを斬ってくような展開

を予想して注目ポイントを・・・・

闇×反魔法、超絶連携!

と予想していましたが、言うほどだった(^q^)

むしろ登場が数話先と睨んでいた反魔法の悪魔

が姿を現すという。

 

当たらなそうで、やっぱり当たらない何ともむ

ず痒い予想を続けていますが、今回は久々に次

号予告が掲載されていますのでこれをヒントに

当てに行きます!!

ということで、次回の注目ポイントをチェック

していきます。

 

まずは次号予告の確認から。

「ダンテ戦佳境ッ!!アスタとヤミの運命は…!?」

いえっ!?(・へ・)

テレフォン使いたいレベル(ミリオネアの)の

ほぼノーヒント状態。笑

 

ということで、ここは次号予告に頼らずいつも

通りの当たらない予想をしていきます。

次回「ページ259」の注目ポイントは・・・・


(ブラッククローバー258話より)

反魔法本来の力!?

と予想!!

 

展開はこう。

限界を超えやがったか、アスタ───!!!

待ってたぞと言わんばかりの言葉をかけるヤミ

団長。

 

対して、まさかオマエのような者にまで再び傷

をつけられるコトになろうとは・・・・

下位の悪魔と契約を結んでパワーアップした所

で戦況は変わらないと言い放ち、当たり前のよ

うに再生するダンテ。

 

またまた繰り広げられる激しい攻防。

 

アスタとヤミ団長がダンテの攻撃を回避しつつ

斬りつけて行く中、突如としてダンテの身体に

現れる異変!!

ぬ。再生速度が落ちている・・・・だと!?

 

オマエ(悪魔)の力は一体────!?

アスタの背後に悪魔カット浮かぶ。(演出)

 

というような演出まで交えた展開予想をしてみ

ましたが、やや欲張りすかね。

ダンテ仕留め兼ねない勢いですしm(_ _)m

しかし、これで行く。ファイナル答え!!

なんならルチフェロが反魔法の悪魔の正体に勘

付くまで欲張っていきたく。

[ad#ad-1]

まとめ

・258話の見所は「師弟、連携!!」「悪魔の取引

・259話の注目ポイントは「反魔法本来の力!?」と予想!

予想の域を外れた想像?妄想に近い突飛過ぎる

展開予想をしてみましたが・・・・無くないよ

ね?って思いたいm(_ _)m

とりあえず次回は覚醒したアスタの新たな力を

見られるコトは間違いないでしょうし、注目ポ

イントだけはイケそう!!

展開予想に後悔しそうではありますが。

そう。

あと今週号は合併号ですので、次号の週刊少年

ジャンプ35号は8月3日(月)発売予定となって

います。

買い間違いのないようお気をつけ下さいませ。

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です