ブラッククローバー

ブラッククローバー255話見所&感想!256話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

呪いの悪魔メギキュラ降臨。

ネロちゃんをはじめロロペチカ王女、さらには

ウンディーネまでもがリタイアに追いやられよ

うという中でノエルが一人奮闘!!

ヴァニカ嬢にランスを突き立てた所で幕を下ろ

した前回。

続く今回は、ハート王国編にひと区切り!

そして話は再び変態おじサイドへ・・・・!?

最新話第255話の見所おさらい&感想ほか次回

256話の注目ポイントチェック(予想)してい

きます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

255話見所おさらい&感想!

まずは今回『ページ255:暴発する命』の見所お

さらいから!

  • それではまたm(_ _)m
  • ダンテおじ再び。

この辺すかね。

では上記見所を掘りつつ、感想を書いていきま

す。

それではまたm(_ _)m

ヴァニカを貫くノエルのランスだったが、ダメ

ージを与えることは叶わず───!?

 

攻撃は効かずとも最後の気迫は称賛に値すると

言うヴァニカに向かい最後の力を振り絞って”零

距離海竜の咆哮”を放つノエル!

しかし、瞬時に発動された”紅いケダモノ”によ

って破壊されてしまう海竜。

水と化した海竜が雨のように降り注ぐ中、遂に

は魔力切れで”海神戦乙女の羽衣鎧”も維持出来

ず解除されてしまうノエル。

 

だから、アナタの攻撃は効かな・・・・い!?

 

と言わんとせんヴァニカの口からゴポッっと吐

き出る血。

・・・・あれ?

思いもよらぬダメージ。

目の前で膝をつくノエルを見つめ、名を聞くヴ

ァニカ。

そのノエルの魔導書には刻まれつつある新たな1

ページ。(ここはスルー)

 

ノエルの名を聞いたと同時に、良いコトを思い

ついたとメギキュラにロロペチカ王女の始末を

やめると言い出すヴァニカ。

ハートの叡智を滅ぼしておくべきだと考えてい

たメギキュラだったが、その思いつきに興味を

持ち理由を問うも・・・・

 

そんなのどうでもいい。

と、ロロペチカ王女を抱え上げて、スペードへ

連れ帰ろうと話を進めるヴァニカ。

 

そのヴァニカの意図。

思い出されるは、過去にアシエと戦った時の記

憶・・・・その際、アシエは子供を人質にとっ

たら強くなったという。

これを再現すべく、同じようにノエルも大切な

人を人質にとれば強くなるのでは?

というもの。

呆れつつも納得したという様子のメギキュラ。

 

これにてハートには用済み。

 

ロロペチカ王女を連れてハートを去ろうという

ヴァニカにもうちょいでミモザをペロれるから

待って欲しいという使徒。(言う程もうちょい

でもなく拮抗状態にある)。

 

しかし、

キモいから話しかけないでくれる?

というかアンタら(使徒)はもういらね。

 

というように使徒を切り捨てるヴァニカ。

次の瞬間、発動される呪符魔法”暴発する命”

膨れ上がる舌魔法の使徒の魔力とボディ。

 


(ブラッククローバー255話より)

使徒たちに与えた悪魔の力を爆発させると楽し

そうに話すヴァニカ。

これは、呪いの爆弾!!

命乞いする間もなく、膨れ上がるハート各所で

戦う使徒たちの魔力とボディ!

 

威力はかなりのものらしく、周囲一帯が吹き飛

んでしまうけどノエルなら耐えられる・・・・

よね?

スペードで待ってるから強くなってよ。

とノエルを挑発するような言葉を残してその場

を去ろうとするヴァニカの名を叫ぶノエル!!

そしてハート王国各所で起こる巨大な爆発──

 

〜感想〜

ノエルが最後に放った一撃は通常の魔法による

ダメージとは異なるもののようでしたが、あれ

は一体・・・・

魔導書に刻まれつつある新たな魔法の片鱗なの

かしら?

あるいは、一定の条件(例:限界突破やノエル

の場合、水の浄化的な)を満たせば通常の魔道

士でも悪魔を倒しうる可能性があるってコトの

示唆なんすかね?

そうなると冥域の特別感はなくなりますが、ノ

エルやユノの今後の再戦には熱くなれる部分あ

りますね。

冥域に頼らずとも!みたいな所で。

 

そして今回、個人的に期待していたアシエのお

話はすごい微妙だった(・へ・)

そもそもかつての戦いで子供を人質にとったっ

てのはアシエの子供、すなわちノエルだったっ

てコトでOKなのか?

あっているなら過去のアシエ亡くなるまでの流

れは、

ノエル生まれ→アシエ呪われ→ダウン

になるのかな?

当初は、アシエ呪われ→ノエル生まれ→ダウン

って思ってたんすがm(_ _)m

時系列がよく分からんくなってきたけど、とり

あえずメギキュラの呪いのバリエーションが豊

富ってことは分かった。誤魔化し\(^o^)/

 

三極性との決戦の地がスペードになる臭くなっ

てきましたが、今回の爆発は何とかやり過ごす

として・・・・

呪われし精霊ウンディーネはどうなるんでしょ

うね。

ここも気になる所です。

力を振り絞って使徒爆弾からノエルたちを守っ

て、ロロペチカ王女をノエルたちに託す!!

なんて悲しい展開は勘弁願いたいm(_ _)m

 

あと、使徒たちよ・・・・さらばだ。

 

もうちょい続く───

ダンテおじ再び。

ハート王国から離れたスペードの国境付近にて

バトル真っ最中のヤミ団長とダンテ───

 

ズバシャア!

 

って再びヤミ団長にぶった斬られるダンテ。

以前の如くヤミ団長を称賛し、傷を癒やす中で

自身の醜い魔法が嫌いというダンテ。

 

だがし、しょうがない。

 

悪魔を宿した人間の本当の力を見せてあげよう

と本気モードに入るダンテ。

対するヤミ団長は、ただの人間の本当の力を見

せてやらんと刀を握り直すのであった───

 

〜感想〜

久々の登場1ページ目でぶった斬られるダンテお

じ。笑

自力だけでいうとヤミ団長の方が上手っぽいで

すが、問題はここから!!

自身を癒やすも見た目醜い魔法・・・・これが

、悪魔・ルチフェロの魔法の一部と見て良さそ

うですけど、ザグレドといい、メギキュラとい

い属性は一つと言っても魔法のバリエーション

が多いので中々にピンポイントでの特定は難し

そうっすね(・へ・)

見た目も癒やし、回復していると言って良いの

か?

ただただグロいというか、肉肉しいというか。

 

何にしても不安しかないですね。

 

おじさんがおじさんを誘拐するという悍ましい

ヴィジョンしか視えない(∩´﹏`∩)

けど、おじさん同士のバトル。その過程を見守

りましょうぞ。

ヤミ団長の健闘を祈る!!

[ad#ad-1]

次回注目ポイントチェック!(予想)

今回は、メギキュラがアシエに呪いを掛けるコ

トとなった経緯、過去が掘り下げられつつの戦

闘がさらに激化するという展開予想から注目ポ

イントを

「鋼鉄の戦姫」

と予想していましたが、軽く触れられただけで

対した情報を得られず!

ただノエルの伸び代と悪魔に対抗する可能性が

見られるエピソードではありましたね(^^)/

 

さて。

ハートでのバトルも一区切りした所で続いて次

回の注目ポイントをチェックしていきます。

例によって今回も次号予告は掲載されていませ

んので当たらない予想となりますm(_ _)m

次回「ページ256」の注目ポイントは・・・・


(ブラッククローバー255話より)

悪魔・ルチフェロの魔法!?

と予想!!

 

展開予想はこう!

よもやここまで悪魔の力を開放するコトになろ

うとは。良いぞヤミ・スケヒロ───

 

かつてない強者を前にして高揚感に包まれるダ

ンテ。

 

────70%!

 

ほぼ悪魔と化したダンテから湧き上がる悍まし

い魔力。

フィンラルたちを気遣う余裕もなく始まる悪魔

を宿す人間とただの人間のバトル!!

 

ルチフェロの魔法に警戒しつつも上手く捌いて

何とかダンテとバトルを繰り広げるヤミ団長。

攻防のやりとりをする中でいっそうハイ状態に

なってくるダンテ。

 

なら、これならどうだい・・・・とさらに力を

開放!!

 

────80%!

 

ヤミ団長の背筋に走る悪寒。変わる空気。

ダンテの背後に浮かぶルチフェロの影・・・・

こいつはヤバい────!!!

 

という感じで、さらに悪魔の力を開放、もれな

くルチフェロの魔法属性を使用しはじめたダン

テを前にヤミ団長が追い詰められるという展開

予想です。

バネッサたちを逃がすってパターンも考えたけ

どそこはまだ先かな?と。

[ad#ad-1]

まとめ

・255話の見所は「それではまたm(_ _)m」「ダンテおじ再び。」

・256話の注目ポイントは「悪魔・ルチフェロの魔法!?」と予想!

結局、アシエやペチカ王女を呪った理由っての

もイマイチだった。

メギキュラ的には始末しておきたいけどヴァニ

カ嬢的には、すぐ始末せず、呪われ期間に解呪

すべく強者が向かって来てバトれるからみたい

な所なんですかね。

だとしたら、たち悪し(・へ・)

 

果たして冥域でなくとも三極性を倒す可能性を

見い出せるのか・・・・リベンジマッチのフラ

グはギンギンすけど。

何にしてもこれから忙しくなりそうですね。

まずはヤミ団長の今後!

次回のバトル、ルチフェロの魔法やダンテのま

だ見ぬ実力の程を見せて頂きまそう。

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。