ブラッククローバー

ブラッククローバー164話見所&感想!165話注目ポイントチェックも

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

ラックも無事取り戻してルフル戦に決着した

前回!

今回は、勝利気分もそこそこに早速に行動を

開始するアスタ達。

次に向かった先は、暴牛アジト!そこでアス

タ達の前に・・・えっ。まさかのアイツがエ

ルフ化して登場!?

なんか色々と面白い。

今回第164話の見所おさらい&感想ほか、次

回(165話)注目ポイントをチェックしてい

きます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

164話見所おさらい&感想!

まず見所おさらいから。

今回『ページ164:ならず者共 奮起』の見所

となったのは・・・

■料理長パない。

ですね。

アスタ達は、王都へ向かう前に一先ず暴牛ア

ジトへ─

ボロボロになったアジトでグレイ達と合流、

状況を整理する団員達。

そこに現れたのは何やら様子のおかしいチャ

ーミー・・・その頬にはエルフに見られる特

徴が─

と。あらすじはこんな感じですね。

ではもうちょい詳しく164話について私の感

想も混ぜつつ書いていきます。

164話感想

マグナ&バネッサ、アスタに転生魔法からの

解放してくれたことを感謝し、マグナに喜び

の飛び蹴りをお見舞いする平常運転に戻った

ラック。

意味が分からないという感じのマグナ。

どうやらマグナの熱いハグに対するラックな

りの感謝の表現(照れ隠し)だったらしい。

マグナにキックを入れて落ち着いた所で、町

の有り様を見渡し、町の人達の心配をするラ

ック。

戦闘中全く見かけてませんね(^_^;)

まさか瓦礫の下敷きに・・・

ってコトはないようで、バネッサが糸魔法で

ちゃっかり助けていたみたい。

 

で、話はアスタの持つ第三の魔法剣へ。

ユノに聞いた通り、少し曖昧げに剣の効果を

説明する。

※魔法がかけられた事実自体を吸い取って無
かったコトにするとか、一撃とはいかずとも
少し時間があれば転生魔法を解けるとか。

そして説明を終えた所で、昇天したルフルの

コトを気にかけるアスタ。

エルフ達はもともともと悪い奴等ではない。

また死んでしまったってことなのかな…

と。

少し落ち込み気味なアスタを元気づけるかの

ように口を開くラック。

「………でも最後は笑っていた…」

「あの優しい姿が本当の彼らなんだよ…」

「開放してあげて良かったんだと思う…あの魔法は凄く怖くて悲しい魔法だよ…!」

そんなラックの言葉を聞いてアスタは、第三

の魔法剣を強く握り、残りの転生魔法の対象

となった人間・エルフの為に剣を振るうコト

を決心する。

短い時間だったとはいえ、エルフを身に宿し

ただけのコトはある説得力だ(^^)/

しかし、暴走時の苦しそうな姿とかを見るに

転生魔法には転生させるといった効果の他、

別の力も加わっているのかもしれませんね。

例の「あちらの世界」とやらの力とか・・・

 

ここでアスタによって転生魔法の対象がラッ

クだけでは無いことを聞かされたマグナとバ

ネッサ。コトの重大さに気づく。

そして一行は暴走アジトに戻るコトを決定!

早速に移動を開始しようとすると、それなら

僕に任せて・・・と移動手段を買って出るラ

ック。

雷雲でも出すのかしら?と思いきや


(ブラッククローバー160話より)

魔鬼化!

ルフルの魔の感覚を体が覚えていた様子。

バネッサの糸を使い、三人を引っ張る形で町

を後に暴牛アジトへと進み始める。

ラック、ちゃっかりレベルアップしていると

いう(^^)

 

移動開始後間もなく、ラックの目に飛び込む

崩壊したアジト─

仲間の安否を確認すべく、瓦礫の中を進む一

行・・・

その先で、ちんまり座り込んで会話を交わし

ている三人の姿を発見!!

ゴーシュの姿は既にありません。

安定のスローペースでグレイとゴーシュに今

後のコトを相談しているヘンリー。

返答しているの?めっちゃブツブツ言うてる

ゴードンとモジモジしながら何かを話そうと

しているグレイ。

いや。

会話、成り立っておらず。

アスタ達の到着で救われた模様。コミュニケ

ーションの方で\(^o^)/

 

ヘンリーの存在に気づき、ちょっと喧嘩腰気

味にスタスタと近づいていくマグナ。(ヘン

リー初見)

マグナにスローペースで近づくと魔力を吸収

してしまうコトを警告するヘンリーであった

が、時既に遅し!!

警告の途中で魔力を吸収、その場にヘナリと

崩れ落ちるマグナ。

そしてヘンリーを敵かと疑うマグナの誤解を

解くべく、コミュニケーション能力激高!!

暴牛の潤滑油・アスタが割って入りヘンリー

を紹介する。

肩を組んじゃったりして親しい様子の二人。

アスタは魔力が無いから平気ということで、

以前からヘンリーはアスタの下に遊びに行っ

てたみたい(^_^;)

 

ヘンリーの紹介を終えた所でマグナは、アジ

トで起こった出来事を三人に確認する。

しかし、ブツブツもじもじノロノロと・・・

何を言っているのか理解に苦しむマグナ。

を横目に、

「ゴーシュ先輩が…エルフに………!!」

と、めっちゃ理解している様子のアスタ。

マグナのツッコミ(心の声)も入ったりして

いる中、続けて三人の問いに・・・

ゴーシュ先輩は嫌われてない。とか、三人に

トドメを刺さずに去ったのは内なるゴーシュ

が抗っている。とか、ゴーシュは王都へ向か

った。と答えていくアスタ。

アスタくん翻訳の仕事でもイケるね。

 

ゴーシュを助けに行かねば。

とは言っても既にボロボロの団員達。魔力も

かつかつ。

動けそうなラックがアスタと二人で王都へ向

かうよ・・・と話したその時!

背後より強烈なプレッシャー(魔力)を感じ

るバネッサとマグナ。

振り返ると

「…ゆるさない…」「…ゆるさない…」

そう連呼しながら近づいてくる・・・チャー

さん!?

影の指す顔には、エルフの特徴の一つタトゥ

ーらしきものが見て取れる。

まさかチャーさんも転生魔法の対象になって

いた・・・

 

のではなかった!

ソースがエルフのタトゥーの、それっぽく頬

に付着していただけというだけ。

嘘、小袈裟、紛らわしい\(^o^)/

なんちゅうミラクル。偽りのエルフ。

アジトが破壊された事で、アジト裏菜園がダ

メになったことに怒っているようだ。


(ブラッククローバー164話より)

ちょっとテンテンくんっぽい。

怒るチャーさんの勢いに気圧される団員達。

犯人は、魔眼エルフであると、ゴーシュの

名を伏せて伝えるアスタ(・へ・)

犯人判明した所で頬に付いたソースをペロペ

ロ舐め取り、魔眼(エルフ)をぶっ飛ばしに

いくぞと、出陣の号令をかけるチャーさん。

そんなチャーさんに魔力が無く魔法が使えな

いコトを気まずそうに話すバネッサ達。

 

じゃあこれだああ。そう言って

綿創成魔法”ヒツジのコックさん・料理長”

を発動!!

※料理長=髭を蓄えた貫禄あるヒツジ。

「食え!」

と出来上がった料理を言われるがまま、食べ

始めるバネッサ達。

すると料理を口にする度、みるみる魔力が増

えて行くことに気づく。

※チャーさん曰く、料理長の料理は食べた分
だけ魔力を増やす…らしい。

チャーさんの魔法のクレイジーさに驚き&感

謝した所で、もりもり料理を喰らい始める団

員達。

 

これで魔力が・・・とあわよくば魔力が得ら

れるかもしれないと夢見て食事を頬張るアス

タに

「0はどうやっても0ですっっ!!(けどいっぱい食べな!!)」

と悲しい現実を突きつけるチャーさん。笑

魔力を吸収してしまう為、遠慮がちなヘンリ

ーにも食事を進めるアスタ。

そしてヘンリーも交えワチャワチャしながら

食卓を囲み、残りの団員達(ヤミ団長/ノエ

ル/フィンラル/ゾラ)の行き先を確認する。

普段は離れた所より見守っていたヘンリーも

輪に入れて嬉しそう(^^)

ここで、ヘンリーの魔力も回復!?

バラバラになっていたアジトのパーツが次々

に組み立てられ、以前の二足歩行型ではなく

、四足歩行型ロボ組換魔法”黒の暴れ牛号 猛

進スタイル”が完成!※移動用の牛型。

そして完成したアジトに乗り込み、王都を目

指し走り出す牛号─

といった所でおしまいm(__)m

 

今回はちょっとした箸休め回でしたね。

チャーさんの魔力と綿魔法が万能過ぎるとい

うことを再確認出来た回でもありました。

エルフ戦においての活躍にかなり期待出来そ

うですね\(^o^)/

しかし登場した際のチャーさんの魔力に対す

るバネッサ達の反応は、エルフ並と感じたと

いうことなのでしょうか・・・

秘められたその力、是非見てみたいわ。

次回注目ポイントチェック!(予想)

前回予想「暴牛アジトの状況」は程よく当た

っててすっきり\(^o^)/

ということで、掘り下げず続けて次回165話

の注目ポイントをチェックしていきます。

※今回も次回予告の掲載は無し。

次回は王都編が展開されるのは確定っぽいで

すが、誰と合流するのか?・・・ここがポイ

ントとなりそうですね。

順当にいけば先に王都を目指し別れた団員の

ノエル達、あるいはユノと合流という気もし

ますが、王都のより詳しい情報を得るといっ

た意味では、ユリウスリタイアから転生魔法

によって変わる王都・・・と。

現在に至るまでの一部始終を見ているであろ

うヤミ団長と合流という可能性が高いのかな

??と見ています。

何よりそろそろ活躍が個人的にも見てみたい

ってことで、次回注目ポイントは


(ブラッククローバー147話より)

ヤミ団長と合流』としておきます。

そのあとは、流石に(暴牛)全員一緒に行動

するということは無いでしょうし、王都到着

後、それぞれが各所に散らばり王都で戦う団

員達の援護をしてエルフに対処するって感じ

ですかね?(^^)

適当ではありませんが、今回はいつになく自

信はないので真に受けず、あるのかも程度に

見ておいてください。

[ad#ad-1]

まとめ

・164話の見所予想『料理長、パない』。

・次回165話注目ポイント(予想)は『ヤミ
団長と合流』。

次号週刊少年ジャンプ33号は、7月14日(土

)の発売となっています。

※翌週の月曜日が祝日(海の日)の為。

いつもの連載陣をはじめ、久保帯人先生の噂

の新作読切「BURN THE WITCH」に、秋本

治先生の「こち亀」の掲載と。

他、50周年記念企画も行われていますので、

お見逃しなく、くれぐれも発売日お間違えの

ないように\(^o^)/

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。