ブラッククローバー

ブラッククローバー272話見所&感想!273話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

モード:カニス。

悪魔同化(ユナイト)し、悪魔の力を使いこな

すナハト副団長を相手にアスタとリーベは新た

な武器・斬魔の刀を手にこれに挑む・・・・と

いった所で幕となった前回!!

続く今回は、アスタとは別に最強を目指すアイ

ツの修行の様子も描かれたり!?

そして、覚醒めの刻がやって来た!!!

センターカラーでこんにちは。

最新話第272話の見所おさらい&感想ほか次回

273話の注目ポイントチェック(予想)してい

きます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

272話見所おさらい&感想!


(ブラッククローバー272話より)

アスタの顔隠したら小ちゃいヤミ団長みたいで

すね。肩には小ちゃい重機乗ってますわ。笑

はいm(_ _)m

では今回『272:暗獄の狩り場』の見所

おさらいから!

  • もうひとりの最強候補!?
  • 覚醒め…

ですね。

では、いつもどおり上記見所を掘りつつ感想を

書いていきます。

もうひとりの最強候補!?

息を切らせながら目前の崖に魔法を放つは、最

強を目指して特訓に励むユノ────

 

その背後より特訓の様子を伺う人物の気配に気

づいて出てくるように言うユノ・・・・

すると、木の陰よりいつもどおり悪態をつきな

がら姿を現す金色の夜明け副団長のランギル

スちゃん。

 

元は余計や。

 

言いつつ、ベルの不在を気にするランギルスち

ゃんに対してベルは魔導書の中で控えていると

いうユノ。

ゼノンを倒す算段は既についている・・・・が

、本当に効果があるかは確かめられないけど。

 

ところでランギルスちゃんは一体何をしに?

そんなふうに質問するユノに空間魔法の相手が

必要だろうと思ってね。

と、ユノの修行の相手を買って出るランギルス

ちゃん。

 

本来なら自分ひとりでなんとかしたい所だが、

これは金色の問題でもある!!

ランギルスちゃんも以前より強くなっているで

あろうと睨んで提案を受けるユノ。

まだまだ生意気だけどキミも少しは素直になっ

たね────

 

〜感想〜

ここでクローバー屈指の超攻撃型空間魔法の使

い手・ランギルスちゃんの参戦はデカイすね。

ゼノンが攻撃型なのかは分からんけど空間魔法

への対策を講じるコトは出来そう(^o^)

まあ例によって骨魔法と組み合わせてくるんで

しょうけど・・・・

 

そして、ユノの言うゼノンを倒す算段ってのは

一体(・へ・)

悪魔を倒す可能性を持つ階域・冥域という縛り

を破る気配漂うてますな。

アスタが成長すれば、ユノも成長するというい

つもの流れからして精霊同化・・・・から、さ

らなる域に入る予感(^q^)

 

続く───

覚醒め…

ユノがランギルスちゃんと修行を開始する一方

で────

 

またキミたちの負けぇ!

 

ナハト副団長にのされた所のアスタとリーベ。

ナハト副団長、めっちゃ強い。

まだ全力を出していないであろうに勝ち筋が見

えてこない・・・・これが悪魔同化の力を痛感

するアスタ。

 

しかし、ブラック化状態で自身が傷を負うとリ

ーベにも傷は反映されている。

同化に近いようだのに、なぜ自身たちは同化出

来ないのか(´・ω・`)

 

そんなコトを考えつつ、這いずりながらスペー

ドのレジスタンスの人が作ったというクッキー

?が入ったバスケット(カゴ)に手をのばす二

人。

美味しく頂いて傷と体力を回復する中、甘い物

を口にした効果か、何やら閃いたアスタはリー

ベにある提案する。

 

たまにやってくれるアスタ。

 

リーベは、その一割の確率に賭けてアスタの提

案に乗っかり・・・・


(ブラッククローバー272話より)

合体!!

KATAGURUMA(肩車)STYLE。ワオ。

物理的にアスタに乗っかっただけのリーベ。

うむ。ダメな方の九割でしたm(_ _)m笑

九割バカのアスタと一割の可能性を信じたリー

ベ。

上にしてやったのに文句つけるなやいうて揉め

る二人。

 

仲睦まじくじゃれ合う二人を見て自由だった兄

との会話を思い出すナハト副団長。

・・・・だが、そろそろ集合の時間だ。

と切り替える。

既に二日経っていたコトに驚き、やべえと焦る

アスタ。

 

仕方がない。

どうせダメならここで死ね。

というナハト副団長。急展開\(^o^)/

 

燭台に灯された火が一斉に消えて暗闇に包まれ

る一帯。

ただならぬ雰囲気を感じて、すぐさまブラック

化するアスタを前に発動される

 

マナゾーン”暗獄の狩り場”!!

 

暗闇の中、氣どころか気配すらも感じ取れず、

打つ手無くしてされるがままに攻撃を受けるア

スタ。

 

可能性はあったのに残念だ。

 

何も感じない闇より忍び寄る恐怖、そして死。

これが真の恐怖か;(∩´﹏`∩);

ここまで追い詰められて尚、悪魔同化が出来な

い・・・・アスタはヤミ団長を救うため、リー

ベはリチタの仇を討つために死ぬわけにはいか

ない。

目的は違えど、お互いに力を得たいという気

持ちは同じ。

 

そして、もう一つ。

アスタはリーベを、リーベはアスタを死なせる

ワケにはいかない!!!

と、二人の心が一つになった時・・・・

真っ暗闇の中、ナハト副団長の目に映る一筋の

光。

それは次第にジワリと暗闇に滲むように拡がっ

ていき、その先より眼光を放つ十字の瞳───

 

〜感想〜

悪魔の力を使う者たちは皆、アスタも含めて瞳

がコーヒー豆みたいになってましたが(ブラッ

クだけに)・・・・友魔の儀によってアスタが

生み出した新たな同化が完成した臭いですね。

して、同化出来なかった理由は、目的の一致云

々ではなくて心が一つになっていなかったから

って所ですかね\(^o^)/

これならすごい納得。

しかし、肩車で同化は酷い(・へ・)

仲良しなのはいいけど、終わってからにしなさ

い。笑

 

で、ですよ。

あれえ?(・へ・)

ってなった。

ナハト副団長が以前、ジャック団長に対してか

つてヤミ団長と親しくしていたアイツは死んだ

みたいなセリフを口にしていましたが、

これ私はてっきりナハト副団長クリソツのきょ

うだいのコトかと思ってたんすけど・・・・

 

今回の回想を見るに、過去の自分と決別した的

な意味合いだったのかしらってm(_ _)m

 

だとしたら、魔法が違うというのは現在使用し

ている影魔法はナハト副団長本来の魔法ではな

く、他者の、悪魔の魔法を使用している可能性

が出てきますな。

これはやってしまった\(^o^)/

あとナハト副団長、スペードのレジスタンスの

人と繋がってたのね。

 

話を戻してアスタとリーベ、リチタの二人の子

供たちの同化した姿、そして最強たる力とや如

何に・・・・

[ad#ad-1]

次回注目ポイントチェック!(予想)

今回は、ナハト副団長とのバトル(特訓)の中

で、ナハト副団長がヤミ団長を嫌う理由がほん

のり明かされつつ、バトルが激化するといった

展開予想から注目ポイントを・・・・

「限界を超えて…みろ!!

と予想していましたが、ズレている(・へ・)

しかも、二日飛んでいきなり同化の流れ!!

 

予想ハズレても楽しいね。

 

もう致し方なしすわm(_ _)m

切り替えて次回の注目ポイントをチェックして

いきます。

今回は次号予告は掲載されていませんので!!

いつもどおりの当たらねえ注目ポイント予

想アン展開予想となります。

次回「ページ273」の注目ポイントは・・・・


(ブラッククローバー272話より)

決戦の刻!!

と予想!!

 

展開予想はこう。

ナハト副団長の生み出した闇を飲み込んで行く

かのように消し去っていくアスタ────

 

次第に部屋は明るくなり、ナハト副団長の前に

姿を現すはリーベと悪魔同化した・・・・にも

関わらずあまり変化のないアスタの姿。

 

えっ!?

まあ・・・・なんとか間に合ったようだね。

言うナハト副団長はアスタたちの力の余波を受

けて疲弊している様子。

少し休憩&会話した所で、集合場所を目指す三

人。

 

一方でエリシュアに留まるというはぐれエルフ

たちに感謝して集合場所へと向かう修行を終え

たノエルたち。

今度は負けない────

 

はい。

次回、クローバーに修行を終えた猛者たちが集

結するといった展開予想ですね。

アスタのビジュアルに関しては、髪がブラック

とか、ホルスタイン柄になるとか。

色々考えた結果そこまで変わっていないという

予想ですm(_ _)m

[ad#ad-1]

まとめ

・272話の見所は「もうひとりの最強候補!?」「覚醒め…」。

・次回273話の注目ポイントは「決戦の刻!!」と予想!

ナハト副団長の他のモードとかもあるなら見て

みたかったけど・・・・もしあるならばスペー

ドで見られるかもですね。

最上級の悪魔たちの力や姿も見てみたいといっ

た意味では最下層まで行っていただきたい!!

まずは次回。

アスタの力のお披露目・・・・あるいは、猛者

集結してスペードへ乗り込もうかといった所で

すか。

本作は既に最終章へと入っているのか!?

決戦までもう間もなくですm(_ _)m

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。