ブラッククローバー

ブラッククローバー267話見所&感想!268話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

ナハト副団長に引き連れられて来た怪しげな空

間にて特訓開始早々に反魔法の悪魔が顕現!?

アスタと悪魔の戦いの火蓋が切って落とされよ

うという中で幕となった前回。

続く今回は、明かされる従魔の儀のリスク!

そして悪魔の正体へと大きく近づく・・・!?

最新話第267話の見所おさらい&感想ほか次回

268話の注目ポイントチェック(予想)してい

きます。※ネタバレ注意!

スポンサードリンク

267話見所おさらい&感想!

まずは今回『267:従魔の儀』の見所お

さらいから!!

  • これ禁術じゃね?
  • 悪魔=悪いヤツじゃあない?

ここですね。

では、いつもどおり上記見所を掘りつつ感想を

書いていきます。

これ禁術じゃね?

久しぶりに現世へと顕現し、アスタの前に立つ

悪魔────

 

アスタを模した形、悪魔の現世での姿を目にし

て少し戸惑いながらもまずは・・・・

ありがたうm(_ _)m

これまでの戦いで幾度となく救われてきたコト

や戦えて来れたコトは悪魔のおかげだと感謝す

るアスタ。

 

腕を奪った相手に向かってよくもまあ・・・・

 

率直な気持ちを伝えるアスタをバカ呼ばわりし

てそんなだからオレにコロされると敵意を剥き

出しにする悪魔。

 

だが、それは断るアスタ。

 

そして、思いもよらぬ小ちゃいサイズで顕現し

た悪魔に対して、かつて精神世界で対話した際

によくもそのなりで小人扱いしてくれたなと!

改めてそんなヤツにやられたくないツッコむア

スタ。

 

これにカチン来たのか・・・・

悪魔を前にして緊張感のないアスタに状況が分

かっていないみたいだなと。

アスタのブックポーチに収まる魔導書を自分の

もののように操り、断魔を出してアスタに攻撃

を仕掛ける悪魔。

今度は、右腕だけでなく全身頂こうかとやる気

満々。

 

一方、断魔による攻撃を受けて尚、戦う気はな

いと悪魔との対話を図るアスタへ

戦え

と祭壇の外から念を押すナハト副団長。

 

強くなる為には何をしてでも悪魔を倒せ・・・

戦いに負けてしまえば悪魔に身体を乗っ取られ

て異形の怪物へ堕ちてしまうと忠告。

そして、従魔の儀式が執り行われる祭壇につい

て語り始めるナハト副団長。

 

悪魔と対峙している舞台、祭壇(の柱)に嵌め

込まれた無数の人骨は全て従魔の儀に失敗した

者の成れの果ての姿。

もしアスタが異形の怪物となろうものなら自身

が処分するしかない。と。

 


(ブラッククローバー267話より)

よく見ると壁には、魔道士が悪魔を屈服させる

様子のレリーフ。

 

ようやく従魔の儀がやべえ儀式、禁術なんじゃ

あないか?と気づき、ナハト副団長に問うアス

タ。

そんなアスタに冷ややかな視線を送り、真っ当

な手順を踏んでたかだか二日で強くなれるとで

も?現実は甘くないと言うように答えるナハト

副団長の言葉に固まるアスタ。

 

ここが魔力のない君が強さを求め、足を踏み入

れた世界だ────

 

〜感想〜

いやはや。

開口一番に悪魔が口にした久しぶりの現世

って所が既にポイントになってますな(^q^)

過去に現世に顕現したことあるヤツ。

これをどう捉えるかですね。

深堀りしたいですが、まだもう一つの見所に続

くのでここは一旦置いといて。

 

そしてアスタの察しの悪さ!笑

いくら儀式が突然に始まったとはいえ・・・・

短期間で”悪魔”の力を極めるようとする特訓っ

て所もですが、柱に大量の頭蓋骨が埋まってる

ような怪しげな空間で行われる儀式がホワイト

なワケないでしょうに。

ナハト副団長の説明でもちょっと分かるやん。

ホント素直過ぎるいい子(^o^)

 

それにしても儀式行われる空間。

かなりの数の人骨があるようですが、これはナ

ハト副団長家が代々受け継いできた空間・儀式

によるものなのか、それともナハト副団長家に

限らず悪魔の力を得ようとした者たちがこの空

間・儀式に辿りつくのか・・・・

というか、ヤミ団長をはじめ暴牛の団員たちを

散々ど正論で罵っていたナハト副団長も手を真

っ黒に染めてるってコトになるくね。笑

理由があるとはいえ。

 

続く────

悪魔=悪いヤツだけではない?

まさか禁術に手を出していようとは────

 

って気づいて間もなくアスタに容赦なく襲いか

かる断魔の一太刀!!

吹き飛ぶ柱とアスタ・・・・

戦わなければ命を落とすコトになるというナハ

ト副団長に氣から悪魔が自身の命を本気で取り

に来ていないと言うアスタ。

 

何を世迷言を・・・・相手は悪魔。

良心のあるヤツなんていないと否定するナハト

副団長。

乗っかるように悪魔は皆、クズよ。

アスタの身体を奪ってオレが・・・・と何やら

続けて話そうとする悪魔の言葉を遮り

 

悪魔だから必ずしも悪いヤツだとは限らない!

 

そんなコトを口にするアスタ。

この言葉を耳にした途端、悪魔の目に重なって

映る・・・・かつて同じような言葉を口にした

女性の姿。

 

その女性は────母スタ!?

 

〜感想〜

ひっ(゚∀゚)

ラストで描かれた女性。顔とかもたいがいアス

タなのですが、一応確認をばm(_ _)m

ってアスタがダンテ戦で見た記憶の女性の姿も

(ページ242話)確認したところ服装も一致し

てます。

 

母スタでマチガイナイ。

 

アスタがダンテに敗北した際、精神世界で悪魔

がダンテ及びルチフェロに対して殺意をむき出

しにしていた理由は、冥府でルチフェロに敗北

したから・・・・

みたいな仮説を立てたりもしていましたが、ア

スタの悪魔が悪魔を総じてクズ呼ばわりしてい

る所や母スタとの繋がりが見えたコトによって

また別の可能性が浮上してきましたね。

 

場合によっては悪魔が父スタまでありえる!!

の?

 

直接的なのものなのか間接的なものなのかは謎

ですが、親しき仲にあった母スタがルチフェロ

に関わる何らかの理由で命を落とすコトになっ

てしまったとか。

仮にルチフェロが関わっていないにしてもアス

タの悪魔の言葉から他の悪魔を憎む、あるいは

嫌っているコトが分かります。

母スタの死に繋がる悪魔たちのトップに君臨す

る悪魔・ルチフェロを狩るコトによってその名

を轟かせ、悪魔たちを震え上がらせる・・・・

なんなら反魔法の力を以って全ての悪魔を屠っ

てやろうとでも画策しているのかも?って。

 

とりあえず母スタの存在が大きいコトは確か!

で、アスタの命をガチで取る気ない所から窺う

に母スタにアスタを(見)守るとか。

約束を交わしたみたいなのはありそうすね。

しかし、アスタの悪魔の言う久しぶりの現世

(うつしよ)、これは悪魔としての話なのか、

それとも人間としてなのか・・・・

 

今回は何かとアスタの悪魔のイメージが変わっ

た回だった(・へ・)サイズ感も含めて。

[ad#ad-1]

次回注目ポイントチェック!(予想)

今回は、アスタと従魔の儀にて現世に顕現した

悪魔が反魔法の力を奪い合うようなバトル展開

を予想して注目ポイントを

魔力無し小僧VS反魔法の悪魔!

と予想していましたが・・・・いや、内心では

やりとりやバトルシーンが飛んでしまうのでは

とも疑っていましたが、普通に見られた(^o^)

 

悪魔の回想に母スタ登場が登場しようとはね。

各々ファンが考える悪魔の正体の答え合わせを

する時は近い!!

 

では続いて次回の注目ポイントをチェックして

いきまする。

今回も次号予告は掲載されていませんのでほぼ

当たらない!予想を書いていきます。

次回「ページ268」の注目ポイントは・・・・


(ブラッククローバー267話より)

母スタと悪魔?の関係。

と予想!!

 

あらすじはこう。

聞いていた噂とは違うみたいわね・・・・アナ

タは悪いヤツじゃない────

 

初めて目にした悪魔を前にしても動じるコトな

く接する好奇心旺盛な母スタ。

馴れ馴れしく絡んでくる母スタを当初は面倒く

さがるも徐々に心を開いて行く悪魔。

同じく、種族を越えた出会いを楽しみつつ悪魔

と次第に親しくなっていく母スタ。

 

二人の関係が続く中・・・・アスタが生まれて

間もなく起こる悲劇────

 

はい。

悪魔との出会いより始まる流れで書いてみまし

たが、他にも禁術に手を染め代償として悪魔と

化し、ルチフェロ曰く姑息な力・反魔法の使い

手となった元人間っていうパターンもあるのか

なって?してアスタも影響を受けて魔が宿らな

かった。みたいな。

この場合悪魔が父スタになってしまうけど。

[ad#ad-1]

まとめ

・267話の見所は「これ禁術じゃね?」「悪魔=悪いヤツじゃあない?」。

・次回268話の注目ポイントは「母スタと悪魔?の関係。」と予想!

来てますね(*^^*)

母スタの過去、悪魔との関係が掘り下げられよ

うといったこのタイミングで次回!

というか・・・・次号の週刊少年ジャンプ46

は発売日が10月17日(土)発売!!

と、いつもより少し早めに読めます(^o^)//

ワンピ再開予定号でもありますな。

お間違えのな、間違えても読むのが遅くなるだ

けすが、せっかくなので一応書いておきました

わm(_ _)m

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です