ブラッククローバー

ブラッククローバー読切版のあらすじは?本編との相違点もチェック!

「少年ジャンプNEXT!!」2014年Vol.2に掲載以

降、もはや見られるコトはないと思われていた

「ブラッククローバー」幻の読切版が・・・・

『ブラッククローバー 公式ガイドブック16.5

巻』初収録されました!!

本編連載開始より一年前に描かれたブラクロの

原点でもありますね。

今回は、この読切版ブラクロのあらすじや本編

との設定などについてまとめていきます。

※ネタバレ注意!!

スポンサードリンク

あらすじ


(ブラッククローバー16.5巻より)

まずはあらすじから。

舞台は魔法使いの故郷・クローバー島。アスタの告白シーンより───

魔法学校に通う魔力を持たない筋肉の少年・アスタと幼馴染でイケメン、且つ、高い魔法センスを持つユノ。

二人は外の世界で各国を統べる(人間の)王族と契約を交わし、世界をも動かす大魔法使いの頂点である「魔法帝」を目指す────

こんな感じで流れ的に「魔法帝」を目指すとい

った目標、アスタの小型筋肉キャラやユノのイ

ケメンドライモンスター設定も本編そのままで

すが、クローバー島とか魔法の設定など、色々

と本編との相違点が見られます。

あれこれ設定の違い。

絵としては連載当初と変わらず・・・・いや

、アスタが告白している女学生(本編ではシ

スター)が微妙に可愛い。

が、そこはよい!

やんわり上記した本編との相違点も含めて書

き出してみます。

  • アスタとユノに名字がある。
  • 魔法学校通い。
  • 契約魔法使い?
  • 魔法に属性が無かった!?

あと、本編1話目で登場したレブチ役をサリム

が担当しているとか。

この辺ですかね。

ここからもうちょい掘り下げていきます。

スポンサードリンク

アスタとユノに名字がある。

本編では無い?伏せられているだけ!?

読切版には、アスタとユノに名字があったとい

う話。

二人の名字はそれぞれこう。


(ブラッククローバー16.5巻より)

アスタ=スタリア
ユノ=クロスリー

今後本編にこの名字が関わってくるのか?注目

したい。

なお、ユノに関して本編ではグリンベリオール

だったので超変わっていた。

アスタは・・・・どうなんだろう?

とりあえず、スタリアとクロスリーの意味をザ

ッと調べてみましたが、深い意味は無い?っぽ

いですね。

魔法学校通い。

本編では、クローバー王国の端っこ(の方)ハ

ージ村で育ち、騎士団に入団しているアスタ達

ですが、読切版では魔法学校に通っておる。

魔導書が授与されるまでの流れは・・・・

魔法学校に5年通って、ある程度の魔法の技術

を身に付けた卒業の印として授与式で貰える

とのこと。

※授与式の様子は本編同様、巨大な本棚より
たな持ち主の下へ飛んでいきます。

契約魔法使い。

僕と契約して魔法少女に!!

みたいな話ではなくて。

魔法使いと(非魔法使い)人間は別にあって、

契約を交わし高みを目指す。

という設定だったみたい。

つまり、この設定が本編に採用されていたなら

通っていたらアスタとユノはそれぞれ人間のパ

ートナーを探して、パートナーと共に成長しつ

つ、互いに魔法帝を目指していくという感じに

なったのかしらね。

 

アスタとリーベ(悪魔)、ユノとベル(精霊)

の関係がそれぞれ人間に置き換えられていたと

いった所でしょうか。

って、この設定ならアスタも実は普通の人間な

んじゃね?って話も出ていたのかもですね。

 

関係ないですが「Fate」や「金色のガッシュベ

ル!!」とかに近いものを感じたり感じなかっ

たり(-_-)

魔法に属性はなかった!?

今や四元素を取り入れた魔法から派生し、あら

ゆる属性の魔法が発動されていますが、読切時

には属性が無かった可能性が!?


(読切版ブラッククローバーより)

サリムが発動したのは「同族嫌悪の」なる魔

法でした。

で、今みたく○○魔法や〜創成魔法。

みたいなのは無く、ストレートかつシンプルに

魔法名のみの表記です。

 

今だから感じるのか?パンチが足りないという

か物足りないというか(^_^;)

読切版とあって魔導書より魔法を発動している

のがサリムのみなので、一概には言えませんが

属性が無かった可能性もありえそうですね。

もしくはシンプルに魔法名称に属性の名が入っ

ているとか。

 

いずれにしても、現在のように属性をハッキリ

とさせてくれたのは分かりやすくて助かります

な。

ちょいちょい魔法名破棄して唐突に魔法を発動

するコトはありますが。笑

 

はい。

読切版についての相違点、触れたかった部分は

以上ですm(_ _)m

スポンサードリンク

ちょこっとまとめ

16.5巻で読切版ブラクロを初めて読みましたが

、中々に設定変更されている!!

田畠氏の過去の連載作品「ハングリージョーカ

ー」を引っ張ってるかと思いきやでした。

それにしても、もし読切の設定で連載が始まっ

ていたらどうなっていたのだろう(゚A゚;)ゴクリ

って思う所はありますね。

良いと悪い意味の両方で。

いずれにせよ、仮にもブラクロファンを名乗り

ズケズケとブラクロネタに触れている身として

は原点、読切版が読めて良かったです(^^)

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です