映画関係

銀魂実写映画の評判が想像以上にいい?良かった所やダメな所とは?

今月7月14日より公開が始まった実写映画

『銀魂』。

本作もファン等に毛嫌いされる人気原作の実

写作品の一つですが、どうやら本作を見たフ

ァンからは意外にも「楽しめた」との声が多

く上がっているんだとか!?

にわかに信じ難い!

いち銀魂ファンとして、この真相を探るべく

スパイ的な、キャッツパンチ的な感じで私も

映画館に足を運んできました!

ので今回、実写映画『銀魂』についての良い

所、悪い所を私の感想を混ぜながらまとめて

いきます。

スポンサードリンク

こんな方にはおすすめ!!

まずはじめに本作はどのような方なら楽しめ

るのか?ざくりと書くとこんな感じ。

・勇者ヨシヒコシリーズ好き

・俳優ファン

この2つ。


(勇者ヨシヒコ3期5話より)

ドラマ勇者ヨシヒコシリーズの福田 雄一氏が

監督ということもあってヨシヒコ感もなんと

なく漂っています。

ので、ヨシヒコ好きにはウケるかも?

ギャグ要素も満載で実際劇場には、いい加減

にしろっ!とツッコみたくなる位、ツボって

る人もいましたね。(膝裏汗)

 

一方、こういう方には微妙かも?というのは

・原作と比較してしまう

なんて方!!

キャラの性格など原作から微妙に変わってた

り(一部)するので、妥協を許せないガチフ

ァンの方にはあまり楽しめないかもです?

印象としてはこんなところですね。

良かったポイント

続けて実写版銀魂のここが良かった!!

そんな所を二点!を挙げてみます。

 

まずは何と言ってもビジュアル』


(予告PVより)

完成度!はさておき再現度高えな!!という

感じです。

PVや公開前の特集なんかで既に分かってたコ

トではありますが、本当に良かった。

特にまた子役の菜々緒さんはガチでハマり役

でした。

新八もメガネがカッコ良かった。

そう考えるとキャスティングという点でも

かなり良かったという事になりますね。

 

そして二点目は『演技』。


(予告PVより)

これについては俳優さんによって差があると

いうのも事実ですが、やはり小栗旬之助さん

の演技は凄い。改めてそう感じました。

細かい部分(特に走る所)に至るまでの拘り

は相当なモノ。

 

と言いつつ上記二点にガッツリハマっている

と私が感じたのは新井浩文さん演じる岡田似

蔵でした。

ここが残念!

上記の流れで、銀魂見ていてここが残念だった

という所を二点挙げます。

 


(銀魂TVアニメ217話より)

まず一つ!これは私だけ?ヅラに違和感をず

っと抱いていた。※被るカツラじゃない桂。

声なのか?演技なのか?これは謎。

岡田将生さんは嫌いじゃない、寧ろ好印象を

持っているのですが、なぜか最後までしっく

り来なかった。

ってこれ完全に参考にならないただの私の感

想ですね。

 

間髪をいれずに二つ目!!

これはラストシーン!

ちょっと話題になりつつありますが、銀ちゃ

んとヤクルコ高杉の肉弾戦。

原作の紅桜篇ラストの名シーン


(銀魂TVアニメ61話より)

を削っての程よくプロレス(笑)。

これは本当に残念。

せめて刀はずっと持っていてくれ!

 

他、テンポやギャグのしつこさ、CG、肉弾

戦以外のオリジナル要素など、気になった

りしていましたが、細かいコト言い出すと

キリがないのでこの辺を挙げてみました。

って言いつつ全部言うてしもとる。

[ad#ad-1]

感想・まとめ

ネットなんかを見ると正直ちょっと大げさな

レビューが多い気もしますが、ここ最近実写

化された漫画原作作品の中でのレベルは高め

なのではないかと。

言っても、人によって感じ方なんかはそれぞ

れ。

もし興味がある、どうしてもレビューの真相

が気になる!レンタルを待てないという方は

自身の目で直接確かめるコトをオススメしま

す。

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です