ブラッククローバー

紅蓮の獅子王のレオポルドについて!フエゴレオンとの実力差とは?

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

他作品なんかでも目にするような王道魔法をは

じめ他に類を見ないような珍魔法の数々が登場

する本作。

今回は王道中の王道!炎魔法の使い手!!

「紅蓮の獅子王団」団員の一人レオポルド・ヴ

ァーミリオンの情報をまとめていきます。

※ネタバレ注意!!

スポンサードリンク

プロフィール

レオポルド・ヴァーミリオン
(コミックス4巻より)

■名前:レオポルド・ヴァーミリオン

■誕生日:8月13日(獅子座)

■出身地:王貴界

■年齢:16歳

■身長:164cm

■血液型:O型

■好きなもの:面白い男、兄

■魔導書:三つ葉のクローバー

■等級:二等中級魔法騎士

魔法騎士団「紅蓮の獅子王」に所属する王族ヴ

ァーミリオン兄弟の末っ子。

熱血バカ。

王都騒乱編にて初登場。

アスタのコトは知り合う以前より従兄関係にあ

るミモザから聞いて興味を持っている。

そして王都を襲撃する魔眼を打倒すべく肩を並

べて戦って以降、アスタを高く評価し、(一方

的に)ライバル視している。

またこの際、魔眼頭首・パトリに兄のフエゴ団

長が重症を負わされたコトをきっかけに奮起、

フエゴ団長をも超える存在「魔法帝」になると

決意する。

 

後に出会ったユノとは性格が真逆(表面的に)

ということもあってか、絡む度に温度差を痛感

している。二人の絡みはおもしろい。

エルフ編では、紅蓮の副団長・ランドールと対

峙し、アネゴ・フエゴに次ぎ獅子としての片鱗

を見せるも覚醒するまでに至らず、復活を遂げ

たフエゴ団長によって窮地を救われる。

スペードとの大戦を控える中、ハート王国の精

霊守フローガの下で修行を積んで、成長した姿

で登場する。

魔法について


(ブラッククローバー231話より)

続いて、レオの使用する魔法について特徴なん

かも合わせてまとめていきます。

一応、レオは炎魔法の使い手です。

※基礎魔法の極致マナスキンは習得済み。

 

■炎魔法”螺旋焔”

掌から渦状の炎を放つ魔法。

■炎魔法”爆乱焔”

足元から上がる炎の中から火球を飛ばす。

■炎魔法”深炎螺旋焔”

ハート王国で会得した術式を使用したパワーア
ップバージョンの螺旋焔。多分。

数発同時発動可。

 

はい。

アネゴとフエゴの魔法が豪快過ぎてイマイチ迫

力に欠ける部分はありますが、王族本来の高い

魔力+術式+ランドール戦以降覚醒していると

思われるので、今後使用される魔法には要注目

ですね。

フエゴ団長のような炎のライオンを創成したり

するのか、それともメレオ団長の如く身体能力

に魔法を乗っけるスタイルなのか?

レオは放出系の炎魔法を使用するイメージなの

二人とはまた異なる魔法を見られるかもしれ

ませんな\(^o^)/

 

螺旋焔の人になりつつあるので、そろそろバリ

エーションを増やして欲しいところですが、ア

ネゴレオン様みたく一つの魔法を極める!!

というのもまた良き!

・・・・・なのか?

[ad#ad-1]

フエゴレオンとの実力差

個人的にもちょっと気になるレオとフエゴ団長

の実力差について

ですが・・・・今の所、言うまでもなく

フエゴ団長に軍配が上がる!!

でしょうな・ω・

等級や実戦経験の差、魔法の威力からも分かる

ように両者にかなりの実力差があることは一目

瞭然。

ましてや今となってはフエゴ団長は炎の精霊サ

ラマンダーを宿しています。

 

レオがまだ成長途中にあるとは言え、この存在

がデカイ!!


(コミックス24巻より)

しかし、言うてレオもまた豪傑ヴァーミリオン

家の一員!!

獅子としての覚醒、そしてハート王国での修行

で実力をかなり上げているコトは間違いないで

しょう。

もちろんフエゴ団長もサラマンダーと共に以前

に増して成長を遂げている可能性があるので、

まだフエゴ団長との実力差はあるとは思います

が・・・・その差は少しづつとは言え狭まりつ

つあるのではないか?

と睨んでいます。

 

アネゴやフエゴ団長とはまた別の憎めない熱血

バカなので、個人的にはレオにもちょっと頑張

って欲しいところです\(^o^)/

[ad#ad-1]

まとめ

空気読めないところや真っ直ぐな一面、ユノと

絡むと異常に面白いキャラになるということも

あって中々に登場が楽しみなキャラです。

なので、ほんともうちょっと魔法の方でもアネ

ゴやフエゴ団長のようなインパクトある、いや

格好良いと言った方がいいすかね。

近々、活躍するコトもほぼ確定しているので、

そういった魔法を見せてほしいです。

まじで!

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です