ブラッククローバー

ブラッククローバー247話見所&感想!248話注目ポイントチェックも!

田畠裕基さん原作『ブラッククローバー』。

現世と冥府を繋げるクリフォトの樹を生み出

し、悪魔が蔓延る悪意に満ち溢れた世界を創

るという三極性の目的が明かされたり、スペ

ードでスパイ活動をする暴牛の団員の姿が描

かれた前回!

続く今回は、舞台をハート王国へ移して始ま

りしバトル!!

使徒、とんでもなかった・・・・

最新話第247話の見所おさらい&感想ほか次

回248話の注目ポイントチェック(予想)し

ていきます。

※ネタバレ注意!!

スポンサードリンク

247話見所おさらい&感想!

まずは今回『ページ247:戦場 ハート王国』の

見所からチェック!

  • 精霊守、ぜんめ…
  • 濃っ!!

後者はもはや見所というか感想の一部すね。

では、上記見所を掘りつつ感想を書いていき

ます。

精霊守、ぜんめ…

ヴァニカほか使徒たちの手によって火の海と

化したハート王国内を辛うじて水の加護を受

けながらに逃げ惑うハート王国民たち───

 

モニターに映し出される各所の様子を見て目

を疑うロロペチカ王女・・・・

そこには使徒たちの前に倒れるガジャさんを

除く四人の精霊守たちの姿。

 

これはマズイ。

 

予想を遥かに上回る使徒の力を目の当たりに

し、援護に向かったラックたちを止めなけれ

ばと動揺するロロペチカ王女。

 

そんなロロペチカ王女を落ち着かせるように

、同じく内心では動揺しつつもラックたちな

らきっとやってくれる。

そう信じて、ハート王国を守ることに集中す

るようにと言葉をかけ、今後のスペードとの

戦いにおいて必要不可欠な存在とも言えるロ

ロペチカ王女は私たちが守る!!

そんなふうに意気込むノエル───

 

〜感想〜

精霊守たちの登場をすげえ楽しみにしていた

んすけど・・・・

まさかの戦闘シーン省略、ダウンした状態で

の初登場m(_ _)m

なんなら顔さえ描かれていない人も。笑

 

ガジャさんが(真)雷魔法なんて見せるから

他の精霊守たちの魔法にも期待していたんす

けど!これはマジで

期待ハズレパティーン(・へ・)

残念。

いや!?

こうなると援護に向かった団員たちの成長具

合とかがいっそう引き立つコトになる・・・

のかも?なんて。

 

もうちょい続く───

濃っ!!

ハート王国の町中にて。ダウンした精霊守の

一人を罵る自称ヴァニカお気に入り、悪魔の

力50%の使徒・スヴェンキン(おねえ)──

 

ではゴミ掃除をば。

 

と、目に止まった逃げる親子をロックオン!

宙へと飛んで親子に向けて強烈なグーパンを

叩き込むスヴェンキン!!

 

かち割れる地面。

 

そこに親子の姿は無く・・・・横目に映るは

親子を抱えた(ルフルモード)ラックの姿。

※ルフルモード(仮)=迅雷の崩玉(てぶく
ろ)×雷神の長靴装備、あと角。

 

カワイイ子がやってきたわ。


(ブラッククローバー247話より)

ひっ。これは私の声m(_ _)m

 

ラックの姿を目に歓喜するも魔導書のスート

を見てハートじゃないなら引っ込んだ方がお

利口さんよ。

みたくエスケープを推奨するスヴェンキン。

 

むろん、拒否!!

 

術式を展開、得意のスピードを活かして距離

を一気に詰めてスヴェンキンの胸元に拳を叩

き込むラック!!!

 

拳はめり込んでいるものの・・・・ノーダメ

ージ。

 

スピードだけは、良き。と称賛しラックをぶ

ん殴るスヴェンキン!!

ピンボールのように地面→建物とバウンドし

た所で体勢を立て直して、雷魔法”迅雷の

玉”での遠距離攻撃に出るラック。

 

ヒットするもこれまた効かず。

 

明かされるスヴェンキンの魔法の正体は「

膚魔法」。

硬くも柔らかくするも自在。相手の魔法属性

に合わせて皮膚を変質するというもの。

 

これ、すなわち自身の身体こそが最強の矛に

して最強の盾!!

 

何をしても無駄・・・・というスヴェンキン

の話を遮り突っ込むが、やはりダメージを与

えるコトは出来ず、弾き飛ばされるラック。

 

一域と零域。そもそも階域が違う。

 

勝ち目ないコトは見えておるでしょう。その

スピードで逃げればいいのに。

などと言うスヴェンキンのアドバイスを無視

、ダラダラ血を流しながらも戦意をあらわに

するラック。

 

ここで始まる問答。

ハート王国をなぜ襲うのか?と問うラックに

対して崇拝するヴァニカの為と答えるスヴェ

ンキン。

 

そんな理由で人を傷つけるんだ・・・・

 

しょうもなと言わんばかりのラックの反応

にカチン来たスヴェンキン。

逆になぜ身体を張って他人を守るのか?と問

うもラックの耳には届いておらず・・・・

 

大した理由もなく他人を傷つける行為、勝手

極まりない行為を行うなら

 

自分も勝手に守ることにする。

 

いつになくイキイキとした目つきでファイテ

ングポーズをとるラック。

僕は魔法騎士だからね────

 

〜感想〜

格上相手に怯むことなく他人の為に、騎士団

として戦うと・・・・ここに来てラックがま

すます人間味を帯びてきたというか。

感情含め人としての成長具合や久々のラック

本来のカッコよさが見えてきました(^o^)/

 

しかし今回は、変態紳士ダンテおじをも上回

るインパクトある化物が現れましたな。

髪型は帽子パン(私のイメージ)。

ゴリマッチョおねえでちいちゃい羽と角生や

したおっさんって。

情報量、多き。笑

キャラ立ちしすぎている(・∀・)

しかもいずれ戦うことになるかもな相手にエ

スケープを促したりというちょっと優しさも

垣間見せたり・・・・

ある意味このおっさ、おねえさんが一番こえ

え!!

 

そして実力は使徒お馴染みの零域。

かつ、悪魔の力解放レベルはユノと中々の勝

負を繰り広げたガデロア越えの50%!!

40%のガデロアには羽も角も無かったという

ことは、50%辺りから容姿にも変化が起きる

んすかね。

これ一域のラックがギリでも勝利するとユノ

の実力が霞んでしまうような・・・・

 

しかしどうやって剛柔・属性を変化変質する

皮膚魔法を攻略するのだろうか。

これまでにない決意を胸にしたラックが格上

のおねえ相手にどういった形で挑むのか??

注目ですわね。

 

はい。

一通り書きたいことは書いたので、今後のハ

ートでのバトルの流れを予想・確認しておき

ますm(_ _)m

誰がどこに援護に向かったのかとかはっきり

は分かりませんけど、これまでの流れ的には

・・・・ラック、レオ、リル団長、チャーさ

ん辺りが精霊守の下へ。

ノエル&ミモ&ネロちゃんがロロペチカ王女と

ヴァニカを迎え撃つという形になるのかしら

と。

って書いたけど、ネロちゃんの姿は確認出来

ず(・へ・)

 

ガジャさんは・・・・精霊守たちをKOした

使徒とは別の残り一人の使徒と交戦するとい

う形になるのかしら?と。

以上です。

今回からしばらくは援護に向かった団員たち

の使徒退治が描かれそうですね。

チャーさん辺りの活躍は個人的に楽しみです

わ(^o^)

[ad#ad-1]

次回注目ポイントチェック!(予想)

今回は、ヤミ団長とダンテによるバトル第二

幕の開幕と同時に、ノエル達ハート王国サイ

ドのストーリーへ移行するという展開を予想

して注目ポイントを・・・・・

「メギキュラ憑き・ヴァニカ、参上!」

と予想しましたが!

 

惜しい!!

 

くはないすね。別に。

話がハートに飛ぶまでは良かった・・・・け

ど、それ以前に私の予想を遥かに上回るスピ

ードで展開は動いていた(^^)/

 

さて、前回の予想のお話はこの辺で切り上げ

て次回の注目ポイントをチェック(予想)

いきます。

今回も次号予告は掲載されてませんので予想

となりますm(_ _)m

次回248話の注目ポイントは、


(ブラッククローバー247話より)

ラック、限界を超える!

と予想!

 

展開予想はこう。

やれるものならやってみなさい!!

これまでとは一変、憤慨して振る舞いが荒々

しくなるスヴェンキンおねえ───

 

そして向かってくるラックの攻撃による衝撃

を皮膚魔法でイナしては返り討ちにするスヴ

ェンキンおねえ。

 

何度やったって同じだっ・・・・あらあ?

 

頬より流れる血。

ジワジワと増えていく身体の傷に焦りを感じ

始めるスヴェンキンおねえ。

まさか魔法の反応が追いついていない?

 

こここの子、早くなっているう────!?

 

からのフィニッシュ。

までが次回の展開予想となります。

ざっくりラックとスヴェンキンおねえとのバ

トル後半〜完までって所でしょうか。

ラックの新たな魔法。

ルフル時に見せた姿。背後に太鼓を纏う雷神

の如し姿で、あるいはガジャさん顔負けの真

雷魔法をぶちかまして頂きたいすねm(_ _)m

[ad#ad-1]

まとめ

・247話の見所は「精霊守、ぜんめ…」「濃っ!!

・248話の注目ポイントは「ラック、限界を超える!」と予想!

次号の週刊少年ジャンプ21号は本来なら4月

20日(月)発売予定ですが、既にご存知の人

も多いように編集部のお人がコロナ感染の疑

いがあるということで延期となり、

翌週4月27日(月)に「合併号」として発売

予定となっていますので注意です!!

新刊発売が待ち遠しくありますが、それより

もまずは編集部のお人が一日も早く回復する

ことを祈っておりますm(_ _)m

もちろん皆さんもお気をつけくださいませ!

 

ということで、一週空けて私もまた元気良く

予想を外して行きたいと思います。よろしく

ですm(_ _)m

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です