コミックス/漫画関係

だがしかし5巻の発売日とは?また4巻の内容や感想について!

コトヤマ氏原作の駄菓子コメディー作品

『だがしかし』。

美少女が駄菓子を全力で紹介してくれると

いう一風変わった作品となっている本作。

その不思議な魅力に惹かれたという方も少く

はないでしょう。

私もそのうちの一人です。

TVアニメは終了してしまいましたが、原作は

まだまだ健在です。

そういえばコミックス第5巻はいつ発売される

のだろう?そろそろなのでは?

と!だんだん気になってきました。

ということで!今回はコミックス5巻の発売

日や4巻の内容についてまとめてみたいと思

います。

スポンサードリンク

【第5巻発売日について】

まずは次巻となるコミックス第5巻の発売日に

ついてですが、これまでのコミックスの発売

日から予想!!

と意気込んみたのですが、既に

コミックス第5巻は5月18日(水)発売予定

と公表されていました。

 

、、、せっかくなのでこれまでのコミックス

の発売日について調べてみました。

■コミックス1巻:2014年9月18日

■コミックス2巻:2015年3月18日

■コミックス3巻:2015年10月18日

■コミックス4巻:2015年12月18日

とこのようになっています。

半年だったり2ヶ月だったりと、いまいち

発売ペースが読みにくいです。

もう少し巻数が増えてくると分かりやすく

なってくるかもしれませんね。

 

【コミックス4巻について】

続いてコミックス4巻の内容について書いて

いきたい所なのですが、全てとなると多くな

ってしまうので、私が特に面白かったと思う

話をいくつか書き出してみたいと思います。

 

■第59かし:おやつカルパス

だがしかし おやつカルパス(だがしかし4巻より)

いつも通りシカダ駄菓子にいるほたるさん。

すると珍しくココノツから駄菓子の話を

ほたるさんに振る。

カルパスについてめっちゃ説明されるココ

ノツ。

さらにおやつカルパス”驚異の依存症”なる

ものを語り出す、、、それは一つ食べたら

無意識に二つ目に手を伸ばしてしまっている

というモノでした。

まさか?!といいながら無意識にカルパスに

手を伸ばすココノツ、、、まさに身を持って

味わっています。

 

そしてそこからカルパスが駄菓子なのかと

いう話が始まる。

そして気づけばカルパスを2箱を食べきって

いました。

ココノツは2箱で1000円だとほたるさんに

告げる、、、が手持ちがないコトに気づく。

そこでほたるさんが出したのはクレジット

カードでした、、、。

と色々ツッコミ所が多い話でした。

カルパス美味しいですよね。

食べ過ぎるとちょっとアレですが、、、

 

 

■第61かし:ソフトグライダー

だがしかし ソフトグライダー(だがしかし4巻より)

TVアニメOPでも登場した発泡スチロールと

プラスチックで造られた飛行機ですね。

ココノツと豆くんが、この飛行機を飛ばし

遊んでいると後ろから二人の飛行機を追い

抜く別の機体が飛んでくる。

ほたるさんの飛ばした飛行機でした。

しかもその機体は二人の飛行機よりニュー

タイプ(ゴム飛ばし式)。

 

勝負を挑まれていると考えたココノツ達は

それを受けるべくほたるさんに歩み寄る。

そして勝負が始まる、、、のかと思いきや

ほたるさんは自分と同じタイプの飛行機を

差し出し仲間に入れて欲しいと言う。

そしてサヤ師も呼びみんなで遊ぼう、、、

という感じですね。

一緒に遊んで欲しかっただけとか、、、

寂しがり屋なほたるさんがちょっと可愛い

です。

TVアニメOPでソフトグライダー登場してい

たので放送されるのかと思っていたのですが

無かったので少し残念でした。

 

■第67かし:チーズあられ

だがしかし チーズあられ(だがしかし4巻より)

この回ではほたるさんは登場しません。

サヤ師とヨウさんがメインの話となっていま

す。

鼻歌を歌う陽気なヨウさん。

3時のおやつを誘うべくココノツの部屋に、

、、するとそこにはサヤ師の姿。

聞けばココノツは飲み物を買いに出ていると

いう。

友達の家に行って友達の親と二人になって

しまったサヤ師。

 

そして気まずい空気が二人を包む。

これを打開すべく動き出したヨウさんは

チーズあられを投入。

そして空気を読んだ気で、ちょっといい話

をするもサヤ師には伝わらず、、、チーズ

あられについて語り出す。

しかし語っている内にあらぬ方向に話が進

んでしまっているコトに気づく。

気まずそうなサヤ師、、、。

ココノツ帰って来てくれーと願う。

するとココノツ帰宅、嬉しそうな二人。

とこんな感じですね。

この話のラストは普通に笑えました。

こういった経験した記憶ありますよね。

 

と3つほど挙げてみましたが、もちろん楽し

める話は他にもあります。

[ad#ad-1]

【感想・まとめ】

第4巻もいつものだがしかしっていう感じで

楽しめました。

本当に深く考えるコト無く楽しめる魅力的な

作品ですね。

作中で登場した駄菓子や遊びの話で友人等と

の会話に花を咲かせるコトも出来ますし。

 

今後どのような駄菓子や遊びが登場するのか

非常に気になる所です。

5巻もあと少しで発売されるということなので

楽しみに待ちたいと思います。

こんな記事もよく見られています♫:

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です